スポンサーリンク

柄本明主演、NHKスペシャルドラマ『海の見える理髪店』のあらすじ・感想など

テレビ番組

私的評価

NHKスペシャルドラマ『海の見える理髪店』を観ました。
NHK BSプレミアムで2022年5月9日午後9時より放送されました。

ドラマの大部分は、柄本明さんと藤原季節さん二人が理髪店の中で語らう場面です。その合間合間に、理髪店店主の過去の語らいが映像として流れます。ちょっと若い時の役を演じるズラを被る柄本明さんには、ちょっと違和感を感じませしたが、その演技には確かなものをヒシヒトと感じました。
その後が知りたくなるような、心温まる良いドラマでした。

★★★★☆

作品概要

原作は荻原浩の連作短編集。
脚本は安達奈緒子。
制作統括は、後藤高久(NHKエンタープライズ)、訓覇圭(NHK)、榎本美華(東映)。
出演は柄本明、藤原季節、尾上寛之、片岡礼子、眞島秀和、水野美紀ほか。

海辺の小さな理髪店に訪れた若者。理髪店の老店主は調髪に取り掛かり、自らの人生を話し始めます。家業の床屋を10才から手伝い始めたことや、初めて髪を切る仕事は兵隊に行く常連客の丸刈りだったこと、順調だった継いだ店が傾き酒におぼれたこと、妻に暴力をふるって離婚されたことなど。そして店主は突然、「人を殺めたことがある」と告白をする…。

作品の紹介・あらすじ

海辺の理髪店に若い男が訪れた。「髪型はお任せします」というオーダーに老店主は嬉しそうに調髪に取り掛かり、問わず語りに自分の人生を語り出す。家業の床屋を10才から手伝い、初めて任された仕事は出兵する常連客をバリカンで丸刈りしたことだった。昭和30年代には順調だった店が傾き、店主は酒に溺れ、最初の妻に暴力をふるって離婚されたことも。そんな取り留めのない話をしながら、店主は見事な手さばきで調髪を続ける。だが突然、「人を殺めたことがある」と青年に告白する…。

――なぜ、青年は海辺の理髪店を訪れたのか?
――なぜ、老店主は自分の人生を語り始めるのか?

老店主の70年分の回想が織りなす奇妙なサスペンスから目が離せないまま、急転直下のラストでささやかな日常の謎が解けていく!

NHKドラマ

感想・その他

理髪店に訪れた青年役は、藤原季節という役者さんです。見たことあるような、ないような…。調べてみると、私が観たことある映画に『沈黙 -サイレンス-』、『関ケ原』、や『長いお別れ』がありました。ドラマでは大河の『青天を衝け』ですが、多分これで「見たことあるような」になったのだと思います。

若手俳優だと思って観ていましたが、29歳(2022年5月現在)と思っていたより年齢が上でした(十分若いですが…)。まだまだWikipediaの「来歴・人物」の記述が少ないですが、これからどんどん増えていって欲しいと思える俳優さんです。

コメント