スポンサーリンク

タイタス・ウェリヴァー主演、海外連続ドラマ『BOSCH:LEGACY』シーズン1のあらすじ・感想な

テレビ番組

私的評価

Amazonプライムオリジナルドラマ『BOSCH:LEGACY』シーズン1(8話まで)を観ました。
日本語題名は『ボッシュ:受け継がれるもの』です。
シーズン1は10話(うち8話まで視聴可:2022/5/22現在)、Amazonプライムビデオでの視聴です。

Amazon最長寿シリーズである『BOSCH/ボッシュ』が、シーズン7でファイナルとなり悲しんでいましたが、スピンオフドラマとしてあのハリー・ボッシュが帰って来ました。以前私が予想した題名『私立探偵BOSCH』ではありませんでしたが、私立探偵としてのボッシュの活躍がまた観られることになり、嬉しい限りです。
面白さも変わりなく、土日で現在観られる8話すべてを観てしまいました。すでにシーズン2も製作も決定しているようで、『BOSCH/ボッシュ』のシーズン7を超えてもらいたいものです。

★★★★★

作品概要

監督はゼトナ・フエンテス、パトリック・ケイディ、アレックス・ザクシェフスキほか。
製作総指揮・原作はマイクル・コナリー。
出演はタイタス・ウェリヴァー、マディソン・リンツ, ミミ・ロジャースほか。

Amazonプライムビデオの人気ドラマであった『BOSCH/ボッシュ』のスピンオフとなります。5月6日の世界配信されました。同時にシーズン2への継続が発表されています。

作品の紹介・あらすじ

シーズン1のあらすじ
前作『BOSCH/ボッシュ』シーズン7の最後で描かれていたように、ボッシュ(タイタス・ウェリヴァー)は長年勤めたロス市警を退職して私立探偵となり、娘マディ(マディソン・リンツ)は入れ替わりにロス市警に就職している。カール・ロジャース(マイケル・ローズ)の手下に撃たれて重傷を負ったハニー・チャンドラー(ミミ・ロジャース)は、PTSDの影響を受けつつ徐々に弁護士業に復帰する。

ボッシュの自宅は地震で損傷し[注釈 1]、ボッシュは事務所に泊まり込む。技術面に強いモーリスがボッシュの私立探偵業を助ける。

前作で数人を殺しチャンドラーを撃たせたロジャースは刑事裁判で審理無効となるが、ボッシュとチャンドラーは民事裁判でロジャースを追い詰める。ロシア人ギャングに負債を抱えたロジャースは逃亡を図って殺される。

億万長者で重病のヴァンスの依頼でボッシュは子孫を探すも、遺産相続を期待する周辺人物たちが妨害する。ヴァンスが死に、ボッシュは遺言執行者に指名され、孫を探し出す。

尊敬される医師が殺される。ホームレスが逮捕されるも、チャンドラーとボッシュの助けで釈放される。ボッシュは真犯人を探す。

マディの同期警官が撃たれ、犯人と巻き添えになった恋人が市警に射殺される。チャンドラーが遺族の代理となって市警を訴える。

Wikipedia(ボッシュ: 受け継がれるもの)

感想・その他

このドラマから準主役となったハニー・チャンドラー役のミミ・ロジャーズ。『BOSCH/ボッシュ』ではボッシュを追いつめるという敵役だった弁護士で、シーズンが進むごとにボッシュの依頼を受ける間柄となりました。

そんなミミ・ロジャーズですが、14歳で高校を卒業したという玉の良い方です。そしてなんと、あのトム・クルーズの最初の奥さんがこの方なんです。7歳ほど年上の彼女ですが結婚当時は31歳で、トムも年上の彼女の魅力に溺れていたことでしょう。さすがに現在(2022年5月)は66歳で、鼻の下には縦皺が何本も…。そう、サザエさんに出てくるお婆さんのようで、ほんと歳は取りたくないものです。

コメント