スポンサーリンク

『ALONE 〜孤独のサバイバー〜』シーズン1を観た感想など

テレビ番組

私的評価

ヒストリーチャンネルで放送されたアメリカのリアリティ番組である『ALONE 〜孤独のサバイバー〜』シーズン1を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

題名に惹かれその内容文を読み、観始めたこの番組ですが、これが止められない面白さでした。サバイバル技術を会得した10人による、オール・オア・ナッシングの50万ドル争奪戦です。一番最後まで、その過酷な地に留まることができた人間が勝者となります。50万ドル(2022/4/14現在のレートなら6250万円)という優勝賞金もなんだかとてもリアルで、このくらいの額ならクロクマやクーガーの居る森や海岸線でのサバイバル生活、孤独や飢餓との戦いも頑張れてしまうんでしょうね。

しかし、この番組が「やらせ」でないのなら、日本では危険すぎて絶対に制作できない番組です。

★★★★☆

作品概要

今までにないサバイバル番組で、10種類に制限された道具をバックパックに詰めて、50万ドルを勝ち取るために厳しい大自然の中へと、10人の参加者は足を踏み入れます。参加者にはカメラクルーもプロデューサーも一切同行せず、参加者自身がカメラを回します。食料確保から寝床の作成、カヌーや魚を捕まえるための篭(仕掛け)まで作成する参加者たち。栄養不足と極度の孤独感から不安定な心理状態に追い込まれる参加者たち。なんのためにここに居るのか自問する参加者たち。そんな彼らの体験の一部始終をドキュメントする番組です。

作品の紹介・あらすじ

「Alone」は、 ヒストリーチャンネルで放送されたアメリカのリアリティ番組シリーズである。 シーズン1、シーズン2、シーズン4は、ブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島北部で撮影され、シーズン3はアルゼンチンのパタゴニアのナウエルウアピ国立公園近くで撮影された。 シーズン5はモンゴル北部が舞台。 シーズン6とシーズン7は、カナダのノースウェスト準州のグレートスレーブ湖の岸で撮影された。 10人(シーズン4では7組のチーム)が、限られたサバイバル装備を駆使して、荒野で可能な限り生き延びるための日々の奮闘を自伝的に追っていく。 参加者は医療チェックを除き、お互いに、そして他のすべての人から隔離される。参加者はいつでもギブアップしたり、医療チェックで不合格になった場合に失格にされたりすることがある。 最も長く残った参加者(シーズン4ではチーム)は50万ドルの賞金を獲得となる。

同シリーズは2015年6月18日にプレミア放送された。シーズン1の終了を前にした8月19日、カナダのバンクーバー島で2015年秋に制作を開始する第2シーズンに向けてシリーズがリニューアルされたことが発表された。シーズン2は2016年4月21日に初放送。シーズン3は2016年第2四半期にアルゼンチンのパタゴニアで撮影され、12月8日に初放送された。シーズン3のプレミアの前日、ヒストリーチャンネルはシーズン4のキャスティングが始まったことを発表した。シーズン4はバンクーバー島北部を舞台に、チームの活発的な動きで2017年6月8日に初公開。シーズン5はモンゴル北部を舞台に、過去のシーズンの敗者が復活できることになった。2018年6月14日に初演。2019年6月から始まったシーズン6では、31歳から55歳までの10人の新出場者が登場した。舞台は北極圏のすぐ南に位置するカナダ北西部準州の湖となった。

Wikipedia

感想・その他

公式ホームページ

このシーズン1の舞台となるのはカナダのバンクーバー島です。カナダ南西部、ブリティッシュコロンビア州にある島となりますが、アメリカ合衆国との太平洋側国境のすぐ上に位置しています。

サバイバルさせられるのはバンクーバー島の北部で、スタートは晩秋でしょうか。その時期の北部は雨が多く、もちろん夜は氷点下となります。平均気温は確か4度ほどとなっていました。参加者たちも毎日のような雨で、火を起こすのにも大変そうでした。

クロクマとクーガー、オオカミが生息する場所で、自給自足のサバイバル生活する番組。確か優勝者は体重が30Kgほど減ったと言っていました。本当に「やらせ」が無ければ、死者が出てもおかしくない番組です。

コメント