スポンサーリンク

テレビ番組『Sainz. Born to Compete』の感想・あらすじなど

テレビ番組

私的評価

カルロス・サインツの特集番組『Sainz. Born to Compete』を観ました。全6話。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

現在(2022年現在)では、カルロス・サインツと言えばフェラーリのF1ドライバーの方でしょうか。このテレビ番組は、世界ラリー選手権 (WRC) で1990年と1992年に2度のドライバーズタイトルを獲得し、ダカール・ラリー総合優勝3回の実績を持つ、そのカルロス・サインツJr.の父親を追った番組です。

この番組を観終わったその日のF1イギリスGPで、応援しているカルロス・サインツJr.が初優勝したので嬉しかったです。

★★★☆☆

作品概要

出演はカルロス・サインツ、カルロス・サインツJr.、アリ・バタネン、ディディエ・オリオール、セバスチャン・ローブ、そしてフェルナド・アロンソほか。

2021年の作品ですが、最後の第6話はアウディの電気自動車で戦う2022のダカールラリーを追った内容となっています。カルロス・サインツがいかにしてスペインの英雄となったのかがよく分かる作品です。

作品の紹介・あらすじ

解説
59歳になったカルロス・サインツ。ライバルたちはすでにヘルメットを脱いでいるが、彼自身は毎年高いレベルを維持している。彼の生涯は忍耐の良い例だ。世界ラリー選手権を2度優勝し、ダカールラリーを3度優勝した彼の野心には際限がない。息子がフェラーリのドライバーとしてF1デビューをするなど、カルロスにとって最もエキサイティングな1年に密着する。

1. 生きる伝説
2. 教訓
3. 闘牛士
4. 思いがけぬ幸運
5. 受け継がれるもの
6. ダカールラリー2022

Amazon Prime Video

感想・その他

私が世界ラリー選手権 (WRC)に興味を持ち始めたのは、PCゲームの「コリン・マクレー・ラリー」(1998年)に嵌ってからからでした。当時新機能として売り出されたフォースフィードバック(FFB) のハンドルデバイスをアメリカから購入し、時間があればハンドルを握っていました。当時はまだネット販売がそれほど一般的ではない時で、しかも海外から、家に届くまではハラハラでした。

それからWRCの総集編のビデオ・DVDを購入し、何度も繰り返し観て、現在でもたまに観ています。私が総集編を持っているのが、カルロス・サインツがベテランの域で活躍していた頃です。年代的には三菱のランエボでトミ・マキネンが4連覇した1996年から、スバルのペター・ソルベルグの優勝した2003年まで。カルロス・サインツは、この間に1回だけ総合優勝まであと一歩という1998年がありましたが、優勝はするもののタイトルに見放されていた時代でした。

そんなカルロス・サインツですが、私とほぼ同じ歳(2歳年上)でした。これでまだダカールラリーを第一線で走っているんだから驚きです。

コメント