門井慶喜

小説

門井慶喜著『銀河鉄道の父』を読んだ感想

私的評価 『銀河鉄道の父』読後に直木賞受賞作品と知り、やはり良い作品だったと肯定してもらった気がします。 400頁以上の作品ですが、読みやすい文体で、時間さえあれば一気読みしたくなる筈です。 後半は涙を流しながら読んだことは内緒です。...
小説

門井慶喜著『家康、江戸を建てる』を読んだ感想

『家康、江戸を建てる』とは 門井慶喜著『家康、江戸を建てる』を読みました。 関東には、のぞみがある── 究極の天下人が描いた未来絵図とは? 「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白...
タイトルとURLをコピーしました