吉川猛夫

ノンフィクション

吉川猛夫著『私は真珠湾のスパイだった』を読んだ感想

私的評価 吉川 猛夫/著『私は真珠湾のスパイだった』を、図書館で借りて読みました。 もっとハラハラ・ドキドキの緊迫感溢れる内容かと思いましたが、そんな感じではありませんでした。吉川氏の文書がそう感じさせたのかもしれませんが、「スパイ...