池波正太郎

スポンサーリンク
小説

池波正太郎著『賊将』を読んだ感想

『賊将』とは 池波正太郎著の短編小説『賊将』を読みました。 幕末には〔人斬り半次郎〕と恐れられ、維新後はわが国最初の陸軍少将となり、最後は西郷隆盛をかついで西南戦争に散った快男児・桐野利秋を描いた表題作。10年に及ぶ戦乱に何らの力も発揮...
エッセイ

池波正太郎著『一升桝の度量』を読んだ感想

『一升桝の度量』とは 池波正太郎著、2011年に幻戯書房より刊行。 これまで単行本に未収録のエッセーなどを収録した本となります。 池波正太郎没後20+1周年記念として出版されたようです。 1. 歳月を書く(一升ますには一升しか入...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました