スポンサーリンク

旅行者用プリペイドSIMカード「ZIP SIM」をハワイで使ってみた

スマホ関係

旅行者用プリペイドSIMカード「ZIP SIM」とは

「ZIP SIM」をハワイで使ってみました。
「ZIP SIM」とは、アメリカなどで使える旅行者用プリペイドのSIMカード。
種類がいろいろある(2016年6月30日現在の情報となります)ので、自分に合ったプランの選択が必要です。

因みにこのSIMカードは、日本で使っているSIMカードをスマホから取り出し、かの地で代わりに取り付けて使用します。

「ZIP SIM」のプラン

まず、SMSとデータ通信に通話が付いたプラン。
これには利用期間が4種類あり、それぞれデータ通信が違います。
・7日間:データ通信量500MB
・14日間:データ通信量1GB
・21日間:データ通信量1.5GB
・30日間:データ通信量2GB

通話が付いていないプラン(SMSとデータ通信のみ)のプラン。
こちらにはデータ通信量と日数が違う3種類があります。
・14日間:データ通信量500MB
・14日間:データ通信量1GB
・30日間:データ通信量2GB

SIMのサイズは「標準」、「Micro」、「Nano」のどれにも対応しています。
私が購入したのは通話なしの14日間(500MB)。
出発前にAmazonで購入しました。

「ZIP SIM」のアクティベーション

使用しているスマホZenFone2 Laser(SMフリースマホ)はSIMカード2枚挿しができるので、出発前に空きのスロットに差し込みました。
APN(アクセスポイント名)には「T-Mobile」と表示されていました。
T-Mobile USのMVNO(仮想移動体通信業者)なのが分ります。
説明書にはAPNは「wholesale」にしろと書いてあるので、その通り「wholesale」を追加しておきました。

そして一路ハワイへ。
ホノルル空港にて通信できるかスマホをチェック。
通信はしているようですが、WEBページは見られません。

早速、アクティベーション(認証処理)作業を行いました。
説明書に従って以下の作業を行います。
SMSで、7850宛に事前に調べた宿泊ホテルのZIPコード(郵便番号)を送信。
これで、数分後にはSMSで電話番号と通信回線接続の案内が送られて来るはずです。
10分経過・・・。
20分経過・・・。
しかし、30分経っても送られてきません。
すこし焦りだしたその時、やっと送られてきました。

「ZIP SIM」を使ってみて

1時間くらい経っていたでしょうか。
これ以降、見れなかったWEBページも表示されるようになりました。
焦りはしましたが、アクティベーションは至って簡単でした。
5日間使って、残りは翌週から旅立つ同僚に使ってもらいました。
我々(私と同僚)の使い方では、実質10日間で500MBで十分でした。

注意点としては、スマホによってはLTE通信ができない場合があるようです。
ZenFone2 Laserの対応無線規格は下記の通りです。

2G:EDGE/GSM :850/900/1800/1900
3G:W-CDMA:800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
4G:FDD-LTE:2100(1)/1800(3)/850(5)/800(6)/900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
ASUS ZenFone2 Laser

ZIP SIMは以下の周波数に対応した端末で使用可能です。

4G DC-HSDPA——-AWS Band 4
4G HSPA+———-1900MHz Band 2、AWS Band 4
3G UMTS(W-CDMA)-1900MHz Band 2、AWS Band 4
2G GSM/Edge——-1900MHz Band 2

と言うことで、ZenFone2 LaserではLTE接続できていなかったのか・・・。
でも、スマホ画面には「4G」と表示されていたような気もします。

海外用のWi-Fiレンタルサービスもありますが、ヘビーに使わないのなら「ZIP SIM」の方がかなりお得かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました