スポンサーリンク

トヨタのナビアプリ「TCスマホナビ」をインストールしてみた

スマホ関係

トヨタのスマホナビ『TCスマホナビ』が出た

2016年12月1日、トヨタがスマホ向け無料ナビゲーションアプリの提供を開始しました。
その名は「TCスマホナビ」、世界のトヨタが満を持して提供します。
どんなものかちょっとだけ試してみます。

『TCスマホナビ』とは

TCスマホナビ

 トヨタは、これまで、スマートフォン向けナビゲーションアプリとして、車載通信機(データ・コミュニケーション・モジュール、以下 DCM)等を通じて車両から収集されたビッグデータに基づく、トヨタ独自の渋滞情報「Tプローブ交通情報」を掲載し、渋滞を回避するルートを案内する「T-Connectスマホアプリ」を有料※1(2500円/年)で提供してきた。
一方、災害時の救援活動を支援する目的で、同じくビッグデータに基づく通行実績情報を、「通れた道マップ」として、無料にてWebサイトにて公開し、スマートフォンでの閲覧も可能としている。
今回、新たに提供を開始する「TCスマホナビ」は、従来のナビゲーション機能の視認性・操作性を一層高めるとともに、「Tプローブ交通情報」や「通れた道マップ」を常時掲載。幅広いお客様に、安心・便利な移動支援サービスをお届けしながら、これらの情報に平常時から慣れ親しんでいただき、災害時においては有効に活用して頂くことを狙いに、無料で提供することとした。
さらに、今回の「TCスマホナビ」では、大規模災害発生時においては、「通れた道マップ」に「被災地の航空写真※2」を表示することを可能としたほか、来夏には、「通れた道マップ」を反映したナビゲーションのルート探索機能を追加するなど、災害対策機能を強化する。
また「TCスマホナビ」は、外部の様々なサービス事業者とオープンに連携する場としても活用を進めていく計画。その第1弾として、駐車場シェアリングサービス事業者のakippa株式会社が提供するサービスと連携し、駐車場の検索・予約、ならびに予約した駐車場までのナビゲーションを提供する。
さらに今後は、パーク24株式会社が展開する同様のサービスとも連携を進める予定。
トヨタは、今後も、安心・便利で心ときめくお客様のモビリティライフを支援するツールとして、「TCスマホナビ」のサービスを一層充実させていく。
TOYOTA Global Newsroom


ナビゲーション表示イメージ


駐車場表示イメージ


通れた道マップ表示イメージ

『TCスマホナビ』をインストールしてみて

最近では車載のカーナビをほとんど使わなくなりました。
13年目のクルマで、カーナビの地図はDVD。
1回は購入して地図を新しくしましたが、それでも8年前の2008年度版。
ということで、スマホにしてからは『Yahoo!カーナビ』を使うようになっていました。

『Yahoo!カーナビ』にはこれと言って不満はありません。
しかし、後発でトヨタのカーナビアプリなら一度は試してみる価値はあります。

ありがたい、欲しい機能の一つ、「オービス情報」は完備。
地図は可もなく不可もなく、でしょうか。

一つよくわからないのが「検索」機能。
「フリーワード・住所・TEL・〒」欄に入力しても「未登録」とエラー表示。
今のところは原因不明です。
検索が使えないので、「ジャンル」から探すしかなさそうです。
「ジャンル」からの検索は、カーナビそのもの。
一つづつジャンルを選定して目的の場所を探します。

『Yahoo!カーナビ』の方が高機能でネット情報をフルに使っている感じでしょうか。
あとは実際のクルマ走行でのナビゲーションがどうかということ。
まだまだ出たばかりのアプリ、これからのバージョンアップに期待します。

それにしても、今どき新車購入時にカーナビを付ける人っているんでしょうか。
つくづく良い時代になったものです。

追記

追記 2016/12/4
「TCスマホナビ」を使ってみました。
やはり、目的地を選ぶ検索が改良の余地ありだと感じました。
「多度」と入力すれば地図が表示され、そこから目的地を探す。
Googleなんかでは当たり前にできます。
ジャンルから目的地を選ぶのは面倒です。
一部不可解な動きもありましたが、“カーナビ”としては真っ当でした。

追記 2020/1/9
今もあるのかどうか知りませんが、『TCスマホナビ』はすぐに使うことを止めて、『Yahoo!カーナビ』をずっと使っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました