映画『イップ・マン外伝 マスターZ』のあらすじ・感想など

私的評価

映画『イップ・マン外伝 マスターZ』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

先日観た『イップ・マン 完結』のブログ記事を書いていて知ったこの映画。早速観てみましたが、『イップ・マン』シリーズ同様に楽しめました。しかし、ストーリー的には『イップ・マン』同様にワンパターンです。これは『イップ・マン』に限らず、私が観てきた香港映画すべてに言えることかもしれません。日本人や西洋人が悪役で、虐げられた香港人(中国人)が最後にはそれら悪役を打ちのめすという、このパターンです。まあ、清朝後期からの欧米諸国(日本を含む)の侵略の歴史を考えれば、それも仕方ないところでしょう。

主演のマックス・チャンは、『イップ・マン 継承』では人気のでる役どころだったので、彼を主人公にしたこの映画が出てくるのも頷けます。ぜひ『イップ・マン 継承』を観てから、この映画を観てください。

★★★☆☆

作品概要

監督はユエン・ウーピン。
脚本はエドモンド・ウォンほか。
製作はレイモンド・ウォン。
主演はマックス・チャン、その他出演者にデイヴ・バウティスタ、ミシェル・ヨー、リウ・イエンほか。

2018年の香港映画です。実在の武術家葉問(イップ・マン)を主人公とする人気シリーズ三作目『イップ・マン 継承』の登場人物で、詠春拳の正統継承者を争った張天志(チョン・ティンチ)のその後を描いたスピンオフ映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
『イップ・マン 継承』でイップ・マン相手に激闘を繰り広げたチョン・ティンチを主人公にした、『イップ・マン』シリーズの番外編。武術界を去った彼が、ヘロイン密売に手を染める組織の幹部に立ち向かう。メガホンを取るのは『ドランク・モンキー/酔拳』などのユエン・ウーピン。『ドラゴン×マッハ!』のマックス・チャンとトニー・ジャー、『ブッシュウィック -武装都市-』などのデイヴ・バウティスタらが出演する。

あらすじ
1960年代の香港。詠春拳の正統をめぐる戦いでイップ・マンに破れたチョン・ティンチ(マックス・チャン)は武道家を辞め、小さな食料品店を営みながら息子フォンと一緒に暮らしていた。ある日ティンチは、犯罪組織の幹部キット(ケビン・チェン)の手下に追われていたナイトクラブの歌手ジュリア(リウ・イエン)らを救う。手下を打ちのめしたティンチは、キットの怒りを買う。住居を兼ねた店に火炎瓶を投げ込まれてフォンが火傷を負わされ、さらに父子は殺し屋(トニー・ジャー)に襲われる。

シネマトゥデイ

感想・その他

『イップ・マン』シリーズでは、「序章」では日本人、それ以降の三作とこの映画では西洋人が敵役となっていました。一作目の日本人(池内博之)がイップ・マンにやられるのは見たくありませんでしたが、これがやられるのが西洋人だと話が変わってきて、こんどはイップ・マンを応援しているんですね。

もっと言えば映画『ブラックホーク・ダウン』では、ソマリア人が虫けらのように殺されてもなにも感じないのに、アメリカ兵が死んだりすると胸が痛んだり…。この『ブラックホーク・ダウン』の映画の内容をソマリア人側からみた映画にすれば、また違ってくるんでしょうか。そんなことを思いならが、この映画を観てました。

コメント