映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』のあらすじ・感想など

私的評価

映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』を観ました。
レンタルDVDででの鑑賞です。

橋爪功さんにこういう役をやらせたら盤石です。その橋爪さんの演技故、なにか山田洋次監督の『家族はつらいよ』を彷彿とさせます。まあ、どうってことない作品ですが、気軽に楽しめる作品ではあります。

★★★☆☆

作品概要

監督・脚本は香月秀之。
製作幹事はフォワードインターナショナル。
企画・製作プロダクションはフレッシュハーツ。
主演は水野勝、その他出演者に剛力彩芽、松下由樹、高畑淳子、橋爪功ほか。

2021年5月公開の日本映画です。仕事や子育てが一段落した結婚50年を迎えた熟年夫婦の騒動を、コミカルに描いたファミリードラマとなります。主役の菅野役を「BOYS AND MEN」のリーダー水野勝が演じました。

作品の紹介・あらすじ

解説
人生を整理し、新たな気持ちで残された人生に臨む終活をモチーフにしたヒューマンドラマ。葬儀社の新入社員が離婚危機にある熟年夫婦との交流を通じ、自身も絶縁していた父親との関係を見つめ直す。主演はアイドルグループ「BOYS AND MEN」の水野勝、離婚寸前の夫婦と娘を橋爪功、高畑淳子、剛力彩芽、主人公の上司を松下由樹が演じる。『デコトラの鷲(しゅう)』シリーズや『明日に架ける愛』などの香月秀之がメガホンを取った。

あらすじ
大原真一(橋爪功)の妻・千賀子(高畑淳子)は、定年退職後ずっと自宅にいる真一が原因で在宅ストレス症に陥り、離婚寸前だった。そんな中、二人の娘・亜矢(剛力彩芽)は葬儀社に転職したばかりの菅野(水野勝)と出会い、紹介された終活フェアを母に勧める。終活フェアを訪れた千賀子は人生を整理する大切さを実感するが、真一は終活に否定的だった。

シネマトゥデイ

感想・その他

主役と言って良いのでしょうか、葬儀社の菅野を演じる水野勝という俳優が「誰これ」状態でした。一緒に観ていた家族も、誰一人知らない状態でした。調べてみると「BOYS AND MEN」(ボイメン)は、東海地方出身・在住の男性メンバーで構成された、日本のエンターテイメント集団、歌手グループ、ご当地男性アイドルグループだそうです。私でさえ「ボイメン」というグループ名は聞いたことがあったので、わりかしメジャーなグループなのではないでしょうか。

またもう一方の主役である剛力彩さんです。以前はドラマに「もう見たくない」と思えるほど出演していましたが、実のところ彼女の良さが分かりませんでした。しかしこの映画で、以前よりぐっと大人っぽくなった彼女を見て、やっぱり剛力彩芽さんは「良い」と思った次第です。

コメント