映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』のあらすじ・感想など

私的評価

映画『劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班』を観ました。
レンタルDVDででの鑑賞です。

お気に入りの坂口健太郎くんの主演映画で、もちろんドラマ版も観ていました。ラストのモヤモヤ感が半端なくありますが、健太郎くんを存分に楽しめる映画です。

★★★☆☆

作品概要

監督は橋本一。
原作は『シグナル』(韓国「tvN」製作)。
脚本は仁志光佑、林弘。
製作は萩原崇ほか。
製作総指揮は中畠義之、臼井裕詞。
主演は坂口健太郎、その他出演者に北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋ほか。

2021年4月公開の日本映画です。テレビドラマとして放送された『シグナル 長期未解決事件捜査班』のその後を描いた劇場版となります。

作品の紹介・あらすじ

解説
韓国のサスペンスドラマを日本でリメイクし、2018年に放送されたドラマを映画化。現在を生きる刑事と過去を生きる刑事が謎の無線機を通じて協力し、巨大な陰謀に立ち向かう。主演の坂口健太郎、彼の相棒となる刑事役の北村一輝をはじめ、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、青野楓がドラマ版から続投し、新たに杉本哲太、奈緒、田中哲司、伊原剛志らが出演。『探偵はBARにいる』シリーズなどの橋本一がメガホンを取った。

あらすじ
2021年東京。高速道路で起きたハイヤーの暴走事故で政府高官が死亡する。三枝(坂口健太郎)が所属する警視庁・長期未解決事件捜査班は、この事故が仕組まれた事件の可能性もあるとみていた。一方、2009年の東京でも政務官の交通事故死が頻発し、警察は事故として処理するが、大山(北村一輝)だけは違うのではないかと考えていた。そして23時23分、つながるはずのない無線機が鳴り始める。

シネマトゥデイ

感想・その他

吉瀬美智子さんは御年46歳ということですが、この『シグナル』では25年ほど前の1995年当時の「過去」の場面があります。その時の吉瀬さんは20代の女性を演出するために、おさげ髪にしています。これがですね、ちょっと無理過ぎていただけません。別の意味で、この映画の見どころの一つと言えるかもしれませんが…。でも冷静に考えると、この映画でおさげ髪の吉瀬さんが出てきたのか、分からなくなってきました。ドラマ版でのおさげ髪の吉瀬さんが、あまりにも印象が強かったので…。

過去と未来のナイスバディであった三枝と大山が、やっと出会える感動のラストシーン。そんな映像を期待していましたが、みごとに期待は裏切られてしまいました。居たはずの大山が忽然と居なくなってしまいました。過去の出来事が変わってしまって、未来も変わってしまったのだと思います。ドラマ版の最終回のような終わり方で、なんだかスッキリしませんでした。これはまだまだ続きがある…、そんな終わり方のように感じました。

コメント