映画『すばらしき世界』のあらすじ・感想など

私的評価

映画『すばらしき世界』を観ました。
レンタルDVDででの鑑賞です。

主人公・三上は14歳で初等少年院に入って以来、受刑回数は10犯で刑務所生活は28年。ほとんどは暴力事件で、もっとも長い刑期が殺人事件を起こしての13年。その13年の刑期満了後から、この映画は始まります。この映画はなんと言っても役所広司さんです。キレた時のぞくぞくするような迫力ある表情とセリフ回し、そして時折見せる可愛らしい仕草など、三上についつい感情移入してしまうのは、そのすばらしい演技故でしょう。

役者・役所広司を楽しむ映画でもあります。

★★★★★

作品概要

脚本・監督は西川美和。
原案は佐木隆三の「身分帳」。
製作は西川朝子、伊藤太一、北原栄治。
製作総指揮は濱田健二、小竹里美。
主演は役所広司、その他出演者に橋爪功、仲野太賀、長澤まさみ、北村有起哉、六角精児ほか。

2020年の日本映画。今までの監督作品の全てが自身のオリジナル作品だった西川監督にとって初の小説原案の作品です。2020年開催の第45回トロント国際映画祭に出品されワールドプレミア上映されましたが、その時の英題は『Under The Open Sky』でした。

作品の紹介・あらすじ

解説
『ゆれる』『永い言い訳』などの西川美和が脚本と監督を手掛け、佐木隆三の小説「身分帳」を原案に描く人間ドラマ。原案の舞台を約35年後の現代に設定し、13年の刑期を終えた元殺人犯の出所後の日々を描く。『孤狼の血』などの役所広司が主演を務め、テレビディレクターを『静かな雨』などの仲野太賀、テレビプロデューサーを『MOTHER マザー』などの長澤まさみが演じている。橋爪功、梶芽衣子、六角精児らも名を連ねる。

あらすじ
下町で暮らす短気な性格の三上(役所広司)は、強面の外見とは裏腹に、困っている人を放っておけない優しい一面も持っていた。過去に殺人を犯し、人生のほとんどを刑務所の中で過ごしてきた彼は、何とかまっとうに生きようともがき苦しむ。そんな三上に目をつけた、テレビマンの津乃田(仲野太賀)とプロデューサーの吉澤(長澤まさみ)は、彼に取り入って彼をネタにしようと考えていた。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画の題名『すばらしき世界』について思ったことです。主人公の三上にとって、シャバは生きづらい社会(世界)であったのは間違いありません。よほど刑務所の中の方が暮らしやすと、映画の中で三上は言います。事実、再び犯罪者となり刑務所に逆戻りというケースが多く、その最大の理由は社会的居場所がないからだそうです。厄介事には見て見ぬふり、聞きたくない嫌なことは聞き流し、そんなふうにやり過ごすことができないのに、そうしなければ生きていけない三上。それが ”すばらしい世界” である訳がありません。旅だった三上の住む世界がすばらしいところであって欲しい、私はそう思いました。

ここだけの話です。ラストで津乃田(仲野太賀)が何回も「三上さん!」って叫ぶシーンがありますが、実は私も涙を流しながら同じように叫びそうになりました。

コメント