映画『モータルコンバット』のあらすじ・感想など

私的評価

映画『モータルコンバット』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

この映画の予告かなにかで、映画冒頭のハサシ・ハンゾウ(真田広之)が襲われ闘うシーンを観ることがあり、それがとても良かったので借りて観てみました。しかし、良かったのはそのアクションシーンのみで、それ以降はとても陳腐で退屈な内容でした。そんな映画でも、還暦越えの真田広之さんの演技力と存在感、そして今だ衰えを見せないアクションは素晴らしかったです。改めて真田広之さんのすごさを確認した映画でした。

★★☆☆☆

作品概要

監督はサイモン・マッコイド。
脚本はグレッグ・ルッソ、デイブ・キャラハム。
製作は ジェームズ・ワン、トッド・ガーナーほか。
主演はルイス・タン、その他出演者にジェシカ・マクナミー、真田広之、浅野忠信ほか。

2021年のアメリカのアクション映画です。ミッドウェイゲームズが開発・発売した対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』を映画化した格闘技アクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
激しいバトルや残虐な描写が特徴的な格闘ゲームを映画化したアクションアドベンチャー。総合格闘技の選手らが、太古より続く格闘トーナメント「モータルコンバット」で世界を救うべく戦いを繰り広げる。『デッドプール2』などのルイス・タンをはじめ、真田広之、浅野忠信、ジョー・タスリム、ジェシカ・マクナミーなどが出演。製作に『ソウ』『死霊館』シリーズなどのジェームズ・ワンが名を連ね、監督をサイモン・マッコイドが務める。

あらすじ
胸にドラゴンの形のアザがある総合格闘家のコール・ヤング(ルイス・タン)は、魔界の皇帝シャン・ツンからの刺客サブ・ゼロに狙われる。その後彼は、特殊部隊少佐のジャックス(メカッド・ブルックス)の指示で地球の守護者であるライデン(浅野忠信)の寺院を訪れる。そこで太古より続く格闘トーナメント「モータルコンバット」の存在と、自身が世界の命運を懸けて魔界の敵と戦うために選ばれた戦士だということをコールは知る。

シネマトゥデイ

感想・その他

途中まで気付かなかったのですが、この映画にはもう一人の日本人俳優・浅野忠信さんが出演しています。彼はなんだかんだ言ってもハリウッド映画の常連となっていますね。しかし、映画『バトルシップ』でもこの映画でも、線が細いというか、なんだか見栄えが悪いと感じるんですよ。前回のNHK朝ドラ『おかえりモネ』なんかの浅野忠信さんは、ワイルで格好良かったのですが…。

ところで浅野忠信さんは、母方の祖父がアメリカ人というクオーターなんですね。えっ、という感じです。現在撮影しているというリメイク版『将軍 SHŌGUN』に出演されるようで、なんと真田広之さんも主要な役でキャスティングされているそうです。『将軍 SHŌGUN』、懐かしいです。観てましたよ。

コメント