映画『ロング・トレイル!』のあらすじ・感想など

その他

私的評価

映画『ロング・トレイル!』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

邦題の「ロング・トレイル」から連想したような、大自然の中を歩くドキュメンター的な映画を期待していましたが、それとはまったく違ったヒューマン物の映画でした。とは言え、飽きずに100分、ゆーるく楽しめる映画ではありました。

題名は原題である「A Walk in the Woods」(森の中を歩く)の方が、断然この映画にマッチしていると思います。

★★★☆☆

作品概要

監督はケン・クワピス。
脚本はリック・カーブ、ビル・ホールダーマン。
原作はビル・ブライソンの『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験 北米アパラチア自然歩道を行く』です。
制作はロバート・レッドフォード、ビル・ホールダーマン。
出演はロバート・レッドフォード、ニック・ノルティ、エマ・トンプソン他。

ノンフィクション作家であるビル・ブライソンの紀行本『ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験 北米アパラチア自然歩道を行く』が原作の、2015年にアメリカ合衆国で製作された冒険映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
作家ビル・ブライソンの実話を基にした著書を、ロバート・レッドフォードが主演と製作を務めて映画化。ルックスも性格も全く違うシニア男性二人組が、およそ3,500キロに及ぶアメリカの自然歩道「アパラチアン・トレイル」踏破の旅の中で、自身の人生を見つめ直すさまを映す。監督は『だれもがクジラを愛してる。』などのケン・クワピス。ロバートふんする主人公と一緒に旅する相棒を、『白い刻印』などのニック・ノルティが演じるほか、オスカー女優エマ・トンプソンが共演。

あらすじ
60歳を過ぎ故郷での平穏な日々に物足りなさを感じていた作家のビル(ロバート・レッドフォード)は、ふと約3,500キロ続くアメリカの自然歩道「アパラチアン・トレイル」の踏破を考える。旅の相棒に酒好きで型破りな旧友カッツ(ニック・ノルティ)が名乗りを上げ、 旅がスタートする。ところが体力の衰えや、自然の猛威という現実に直面し……。

シネマトゥデイ


感想・その他

以前観た映画に、『WILD』(邦題「私に会うまでの1600キロ」)というのがありました。人生の岐路に立った若き女性が、パシフィック・クレスト・トレイルの1600Kmを約三か月かけて歩き、自分を見つめ直すという映画でした。これと同じような美しい映像で、しかも感動的な映画をイメージしていた今作。しかし、自分を見つめ直すために歩くという手段の冒険をしたのは同じでしたが、映像に関しても内容に関しても薄っぺらく感じました。

あと、ロバート・レッドフォードはともかく、カッツ演じるニック・ノルティの体形を見てしまうと、さすがに「それじゃあ、一日も歩けないだろう!」と突っ込みを入れたくなります。最初の数百メートルでヒイヒイ言っていたのに、それからは余裕さえ感じさせる歩きっぷりで、何日も歩いちゃっているんです。しかも、全然痩せてきていないし…。ああ、もう一度『私に会うまでの1600キロ』が観たくなってきました。


ビル・ブライソンの究極のアウトドア体験―北米アパラチア自然歩道を行く (日本語)


ロング・トレイル!

コメント

タイトルとURLをコピーしました