スポンサーリンク

映画『1917 命をかけた伝令』のあらすじ・感想など

その他

私的評価

映画『1917 命をかけた伝令』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

第一次世界大戦の1917年、若き2人のイギリス兵に命令されたのは、最前線にいる仲間を救う重要な任務。命令を伝達するため戦場をひた走る姿を、全編ワンカット風の映像で描いています。とは言え、後になって知った「全編ワンカット風の映像」であり、観ている時はそれを感じることができませんでした。

期待が大き過ぎたのもありますが、川に流されて目的地に着いてしまうのはちょっといただけません。この映画は映画館で観れば、また印象が違ったのかもしれません。

★★★☆☆

作品概要

監督はサム・メンデス。
脚本はサム・メンデス、クリスティ・ウィルソン=ケアンズ。
制作はサム・メンデス、ピッパ・ハリス他。
出演はジョージ・マッケイ、マーク・ストロング、ディーン=チャールズ・チャップマン他。
2019年制作のイギリス・アメリカ合衆国の戦争映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を通してワンカットに見える映像で映し出す。メガホンを取るのは『アメリカン・ビューティー』などのサム・メンデス。『マローボーン家の掟』などのジョージ・マッケイ、『リピーテッド』などのディーン=チャールズ・チャップマン、『ドクター・ストレンジ』などのベネディクト・カンバーバッチらが出演する。全編が一人の兵士の1日としてつながって見えることで、臨場感と緊張感が最後まで途切れない。

あらすじ
第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙(たいじ)する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。

シネマトゥデイ


感想・その他

戦闘シーンがほとんどないのに、緊迫感溢れる映画です。確かに主人公と一緒に、伝令となって戦場を駆け巡っている感覚になる撮影です。これが「全編ワンカット風の映像」の成せる技でしょうか。しかし、その「全編ワンカット風の映像」の弊害とも言いましょうか、この映画の戦場の「距離感」というものが、なんだかとても狭く感じられました。

こんな戦争映画もありですが、私はやはり『プライベート・ライアン』のような弾丸がビュンビュン飛び交う戦争映画の方が好きです。


Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました