スペインからの怪しげなFAXが届いた

その他

机の上に

出社すると、机の上に私宛の英文FAXが置いてありました。
昨夜、私の退社後に届いたようで、宛先を見て訝しがりながらも私の席まで持って来てくれたようです。

その内容とは

私の名前は、プライベートファイナンシャルアドバイザーのAbadia Siko Villaです。実際、私はあなたの国の公文書館からあなたの連絡先情報を入手しましたが、私の亡くなったクライアントの名前と同名の姓を探していました。私の亡くなったクライアントの名前であるデイビッド・XX(XXは私の苗字)は、約20年間スペインに住んでいたビジネス界の大御所です。2008年5月12日、中国への短期休暇中に発生した中国の大地震で彼は家族と一緒に亡くなりました。彼らの死の悲劇的な状況は、私があなたにこの未承諾の手紙を送るように促しました。
不幸な出来事が起こる前に、彼はスペインの安全保安会社に総額750万ユーロの金庫を預けました。しかし、いくつかのセキュリティおよび個人的な理由により、彼は金庫の正確な内容を宝庫に開示しませんでした。故デイビッドの金融コンサルタントおよび法的援助を行った。
警備会社は、請求を行うか、ボールトを没収するリスクを負うために、家族(相続人/相続人)の任意のメンバーを提示することを命じました。これは、主張に代わることができる一般的な姓または系譜を持つ人を探すように促しました。
このような背景に対して、相続人として立つことをお勧めします。私のクライアントが亡くなってから預金の執行者として、私はあなたが私の晩年のクライアントとは関係がないかもしれませんが、彼と共通の姓と私が持っているモダリティを持っていることを知っています。法の支配)金庫は私達に解放されます。気を付けて、このトランザクションは100%リスクフリーです。この事業に関連するリスクの原子はありません
この目的のために、私はあなたと預金会社と緊密に協力して、スペイン王国の相続法に準拠した預金のリリースを保証します。さらに明確にするために、電子メール、電話、またはファックスで親切に応答してください。他のパートナーの検索を進めることができるように、あなたが私と協力してくれないかどうかにかかわらず、私に連絡してください。
御時間ありがとうございます;あなたのタイムリーな応答をお待ちしております。

要約すると、「あなたに所縁のある大富豪David XX(XXは私の苗字)が中国への旅行中、地震に遭遇して亡くなった。彼は750万ユーロ(11億円)を遺したが、こちらには相続人がいない。調べたらあなたにたどり着いたので相続人になって金持ちになってください」みたいな。

対応

電子メールでなく、FAXで送られてきた変なやつ。
電子メールなら問答無用で消されているはずですが、わざわざFAXを使って送ってくる。
スペインからのFAXかどうかは定かではありませんが、会社のFAX番号と私のフルネーム。
どこから漏れた情報でしょうか。
こんなのを信じる人は居ないと思いますが、対応すれば相続するためには一時的にお金が必要と言われ、100万円くらいを振り込むと連絡が取れなくなる、こんなところでしょう。

PDFファイルの文字の読み取り

この記事を書くのにあたって、日本語訳をどうするのか考えました。
FAX用紙の英文を、そのまま入力して翻訳するのは大変そうです。
調べたところ、PDFファイルなら文字を取り出せることが分かりました。
その方法を備忘録として書いておきます。
今回はGoogle翻訳を使いましたが、そこまでの手順です。

  1.  届いたFAX用紙をPDFファイルに(複合FAX機の機能)
  2.  そのPDFファイルをGoogleドライブへアップロード
  3.  PDFファイルを右クリックして「アプリで開く」、「Googleドキュメント」を選ぶ

いやこれは便利な機能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました