スポンサーリンク

おもひでの風景 高知県の安和海岸

その他

『にっぽん縦断 こころ旅』を観ていて

BSプレミアムの『にっぽん縦断 こころ旅』を観ていたところ、高知県須崎市のJR四国 土讃線の安和(あわ)駅へ行くというのがありました。
35年前に女子高生(確か18歳だと)だった方からのお便りで、思い出の地の安和駅へ行って欲しいという依頼でした。
学校からの帰り安和駅で友達とおしゃべりしていると、大きなカメラを持った男性に写真を撮らせて欲しい、と声を掛けられたそうです。
一緒にいた友達と気軽に応じたところ、それが当時、国鉄がキャンペーンを打っていた「ディスカバー・ジャパン」のポスターになった、そんな話でした。

NHK『にっぽん縦断 こころ旅』とは

BSプレミアムの『にっぽん縦断 こころ旅』は、なんだかんだ言っても観ています。
最近は走行距離が10Km程度と、「歩いた方がいいんじゃないかな」と思うような距離ばかり。
でも、火野正平さんが68歳だということを考えたら、そんなものかもしれませんね。
この番組は、土日の再放送を録画してまとめて観ています。

俳優・火野正平さんが相棒・チャリオ(自転車)に乗って日本全国を走ります!
その日の旅の目的地を決めるのは、みなさんから寄せられたお手紙。「人生を変えた忘れられない風景」「大切な人との出会いの場所」「こころに刻まれた音や香りの情景」「ずっと残したいふるさとの景色」など、お手紙に書かれたエピソードをもとに、ひとりひとりの心に大切にしまってある「こころの風景」を訪ねます。
NHK にっぽん縦断 こころ旅

私の思い出の地としての安和海岸

その女子高生がポスターになった35年前の前年、私(高2の時)は友人と周遊券を使って、夏休みに1週間ばかりの四国旅をしました。
宿に泊まったのは、道後温泉と鳴門だけで、あとは夜行列車の中で寝てました。当時はまだ夜行列車が走っていたんです。
そしてその時、ぶらりと立ち寄って海水浴をしたのが安和の海岸だったのです。
だた、放送で見た安和の駅と海岸は、私の頭の中にあるイメージとはちょっと違うもので、「安和」というのは私の記憶違いかとも考えました。
しかし、やっぱり間違いなく安和で海水浴したのです。
夏休み中ではありますが、平日だったからなのか、人がほとんど居ない寂しい海岸だったのを覚えています。
友人が撮った、カールアイパー頭で海パン姿の私の写真があるはずですが、10代後半から20代までに撮った写真がごっそりと行方不明で、ここに載せることができず残念です。

ちなみに、石川ひとみさんの『まちぶせ』を聞くと、この旅を思い出します。
そして、その時一緒に行った親友も、亡くなってからもうすぐ3年です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました