スポンサーリンク

永野芽郁主演、映画『そして、バトンは渡された』の感想・あらすじなど

映画

私的評価

映画『そして、バトンは渡された』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

確かにお涙頂戴で、私も涙を流しました。しかし、冷静になって、石原さとみさん演じる梨花のことを考えてみます。血の繋がらない子供のためだけに、取っ替え引っ替え旦那を代えているんです。例えばピアノが習いたいと言い出した子供のため、金持である老人の域に達している男性と結婚。その金持ちの男性の年齢が心配になると、次は高学歴の男性と結婚。しかも、子供がいることは結婚式当日まで内緒…。そんなことに付き合わされて結婚した男達っていったい…、と思わずにはいられませんでした。

★★★☆☆

作品概要

監督は前田哲。
脚本は橋本裕志。
原作は瀬尾まいこの同名小説。
製作は田口生己、飯沼伸之、白石裕菜。
主演は永野芽郁、その他出演者に田中圭、石原さとみ、大森南朋、市村正親ほか。

2021年10月公開の日本映画です。血の繋がらない大人たちに育てられ、4回も苗字が変わることになった少女の話です。

作品の紹介・あらすじ

解説
第16回本屋大賞で大賞を受賞した、瀬尾まいこの小説を原作にしたドラマ。血のつながらない親のもとで育った女性と、まな娘を残して失踪した女性の運命が意外な形で交錯していく。『老後の資金がありません!』などの前田哲がメガホンを取り、『いぬやしき』などの橋本裕志が脚本を担当。『君は月夜に光り輝く』などの永野芽郁、『mellow メロウ』などの田中圭、『忍びの国』などの石原さとみをはじめ、岡田健史、大森南朋、市村正親らが出演している。

あらすじ
血のつながらない親たちをたらい回しにさせられ、名字を4回も変えた森宮優子(永野芽郁)。いまは義父・森宮さん(田中圭)と二人暮らしをする彼女は、不安ばかりな将来のこと、うまくいかない恋や友人たちとの関係に悩みながら、卒業式で弾く「旅立ちの日に」のピアノの特訓に打ち込んでいた。やがて彼女の人生と運命は、かつて深い愛情を注いでいた娘みぃたんを残して姿を消した女性・梨花(石原さとみ)と不思議な形でつながる。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画には戸田菜穂さんが出演しています。役どころは男子高校生の母親役でした。1974年生まれということで、いつしか母親役ができるような歳となりました。

戸田菜穂さんは私が贔屓している女優さんの一人です。NHK朝ドラ『ええにょぼ』はずっと観ていたと記憶していますが、内容はまったく思えていません。それから月日は流れ、すばらしい戸田さんに出会うことになったのは、WOWOWドラマ『マークルの山』でした。役どころは犯人(高良健吾さん)の恋人役でした。このドラマは何回も観るほど好きですが、それは戸田さんを見たいからと言っても過言ではありません。この時の戸田さんの演技は、岩崎宏美さんの歌「聖母たちのララバイ」の歌詞を彷彿させる「献身」と「愛情」を感じさせるもので、私は戸田さんに魅了されたのです。

清楚で可憐、そんな戸田菜穂さんの今後の活躍に期待しています。

コメント