菅田将暉主演、映画『キャラクター』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『キャラクター』を観ました。
レンタルDVDででの鑑賞です。

途中まで小栗旬が主役の映画?、と思える展開でした。それにしてもこの手の残酷な死体描写の映画は、あまり好きにはなれませんね。血の臭いが漂ってきそうでした。

中村獅童率いる警察たちの怠慢さ(警護とか)に呆れるばかりの映画です。

★★☆☆☆

作品概要

監督は永井聡。
原案は長崎尚志のオリジナル作品。
脚本は長崎尚志、川原杏奈、永井聡。
製作は藤村直人、宇高武志、佐藤満。
主演は菅田将暉、その他出演者に小栗旬、中村獅童、高畑充希、松田洋治、Fukaseほか。

2021年6月公開の日本映画です。漫画家・浦沢直樹が手がける作品のストーリー共同製作者として携わる、長崎尚志によるオリジナル脚本の映画です。監督は『世界から猫が消えたなら』の永井聡。

作品の紹介・あらすじ

解説
『アルキメデスの大戦』などの菅田将暉と、バンド「SEKAI NO OWARI」のメンバーで本作が俳優デビューとなるFukaseが共演するサスペンス。悪を描けない漫画家が、偶然目撃した猟奇的な殺人犯を参考に漫画のキャラクターを生み出すも、それにより人生を翻弄(ほんろう)される。原案・脚本を担当するのは、漫画原作者として「MASTERキートン」などを手掛けてきた長崎尚志。監督を菅田が主演した『帝一の國』などの永井聡が務める。

あらすじ
漫画家のアシスタントをしている山城圭吾(菅田将暉)は、画力は高いが、お人好しな性格のためか悪役をリアルに描けない。ある日、圭吾はスケッチに訪れた一軒家で、殺害された家族と犯人(Fukase)の顔を見てしまう。圭吾は犯人をモデルにキャラクターを創り上げ、ついに売れっ子漫画家になるが、漫画をなぞるような事件が次々と発生。そして、犯人の男が圭吾の前に現れる。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画は「PG12」という年齢制限が掛けられています。「PG12」とはどういう制限かというと「12歳未満の方は、保護者の助言・指導が必要です」とのことです。鑑賞する際にはなるべく保護者同伴を勧める作品で、別に小学生以下が観ても構いません。違う言い方をすれば、中学生以上ならなんら制限もなく観られる映画ということです。実際、この映画では殺人する場面は描かれませんが、殺人後の死体はかなにグロテスクに、血糊描写はかなり過激です。こんなのを小学生や中学生に見せちゃっていいのかな。R18+(18歳以上の方がご覧いただけます。生年月日を確認できるものをご持参ください)が適当な映画だと思いました。

この映画には松田洋治さんが出演しています。でも、私もこのブログ記事を書くまでは気付きませんでした。演じたのは重要な役どころである辺見という名の殺人鬼でした。松田洋治さんと言えば子役のイメージですが、私とそうも違わない1967年生まれ。ドラマでは『家族ゲーム』が有名ですね。調べてみると『仮面ライダーアマゾン』でマサヒコ少年役でも出演していました。私はライダーシリーズは、このアマゾンまでは観ていた気がします。ただアマゾンと言えば、今でもライダーアマゾンが叫ぶ「ま・さ・ひ・こ~」以外は記憶にございません。

コメント