スポンサーリンク

岡田准一主演、映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』を観ました。
レンタルDVDででの鑑賞です。

映画化の第二弾とは知らずに鑑賞しました。もちろん原作となる漫画も知りませんでした。なにも知らないずくめで観たこの映画でしたが、かなり楽しめました。それはひとえに岡田准一のアクションの賜物でしょう。映画冒頭の車椅子の少女ヒナコにまつわるアクションシーンで、度肝を抜かれます。とは言え、私の評価は星三つ(五点満点)。内容のない映画ですからね。

車椅子から立ち上がるシーンでは、「クララかっ!」って思いました。

★★★☆☆

作品概要

監督は江口カン。
原作は南勝久の漫画『ザ・ファブル』。
脚本は山浦雅大、江口カン。
製作は藤村直人、宇高武志、佐藤満。
主演は岡田准一、その他出演者に木村文乃、平手友梨奈、安藤政信、堤真一ほか。

2021年6月公開の日本映画です。南勝久の人気漫画を岡田准一主演で実写映画化した『ザ・ファブル』シリーズの第二弾です。今作は、ボスから一年間の”殺し”を禁じられた伝説の殺し屋ファブルと、表向きは子供を守るNPO代表で裏では悪事を働く最狂の偽善者との戦いとなります。

作品の紹介・あらすじ

解説
南勝久のベストセラーコミックを原作にしたアクションの続編。誰も殺さずに暮らせというボスの命令を守る暗殺者が、巨悪との戦いを余儀なくされる。監督は前作に引き続き江口カン。『燃えよ剣』などの岡田准一、『伊藤くん A to E』などの木村文乃、『少女』などの山本美月といった前作のメンバーに加え、堤真一、平手友梨奈、安藤政信らが新たに出演する。

あらすじ
最強の殺し屋「ファブル」として裏社会で恐れられていたものの、ボス(佐藤浩市)から誰も殺さずに一般社会に溶け込んで生きるよう命じられたアキラ(岡田准一)。相棒ヨウコ(木村文乃)と兄妹を装い、アルバイト先のデザイン会社オクトパスの社長・田高田(佐藤二朗)と社員ミサキ(山本美月)に素性を知られることなく平穏な日々を過ごしていた。そんな中でアキラはNPO団体の代表を務める宇津帆(堤真一)と出会い、やがて彼がターゲットから金をだまし取っては命も奪う危険人物であることを知る。

シネマトゥデイ

感想・その他

岡田准一、顔が良くてアクションもスゴイ、第二の真田広之というところでしょうか。しかし、如何せん背が低くて残念です。身長を調べてみると、背が低くて残念だと思っていた私より1㎝高い169㎝ではないですか…。しかし、どう見ても169㎝も無いように思えます。実際、「岡田准一」で検索すると、自動で「岡田准一 身長」と表示されます。それらを見てみると、165㎝くらいだと書かれています。確かにこの映画のBlu-ray&DVDの発売を記念した岡田、木村文乃、平手友梨奈がコメントしている動画を見たのですが、三人ともほとんど背が一緒でした。女性はヒールを履いていると思われる方もいらっしゃるでしょうが、私の見立てでは岡田さんもシークレットブーツを履いてますよ。因みに木村さんが164㎝で平手さんが163㎝、そうするとネットで書かれているように165㎝あたりが本当の身長のようですね。

コメント