映画『潔く柔く』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『潔く柔く』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

高良健吾ファンとしては、ハルタ(高良健吾)の死がその後のカンナ(長澤まさみ)のためのような描き方であり、なんだか違うだろうと思いました。また、「カンナの心は15歳のまま」とありますが、長澤さんの演技からは、とてもそのように感じることができませんでした。

★★★☆☆

作品概要

監督は新城毅彦。
脚本は田中幸子、大島里美。
原作はいくえみ綾の同名の漫画。
製作は門屋大輔、市川南ほか。
主演は長澤まさみ、岡田将生、その他出演者に高良健吾、波留、中村蒼、池脇千鶴ほか。

2013年10月、東宝系にて公開された日本の映画です。この映画は漫画「潔く柔く」の中の「カンナ編」を映画化したものです。キャッチコピーは、「大切な人を失っても、人はまた愛することができるのでしょうか。」で、日本テレビ放送網開局60周年記念作品です。

作品の紹介・あらすじ

見どころ
漫画雑誌「Cookie」にて連載され、人気を博したいくえみ綾のコミックを実写化したラブロマンス。両思いだった幼なじみをなくしたことを引きずって生きてきた女性が、新たな恋を通して前に進む姿を見つめていく。主人公となる男女を『モテキ』などの長澤まさみ、『悪人』などの岡田将生がふんし、『100回泣くこと』などの波瑠や『苦役列車』などの高良健吾らが脇を固める。彼らが織り成すストーリー展開に加え、『僕の初恋をキミに捧ぐ』などの新城毅彦監督による温かくて爽やかなタッチも見どころのひとつ。

あらすじ
高校1年生のカンナ(長澤まさみ)は、思いを通じ合わせていた幼なじみのハルタ(高良健吾)を交通事故で失ってしまい、それを機に新たな恋ができなくなってしま う。時はたち、映画宣伝会社で働くようになった彼女は、出版社に勤める赤沢禄(岡田将生)と知り合う。何かとぶしつけな言動を繰り出してくる赤沢に憤慨しては反発するカンナだったが、意外な優しさを見せる彼のことが気に掛かるようになっていく。心の距離が近づいていく中、カンナは赤沢にもつらい過去があったことを知ってしまう。
シネマトゥデイ

感想・その他

『弥生、三月-君を愛した30年-』からの連続試聴でした。続けて波留さんが出演していました。『弥生、三月…』より7年ほど前の映画でしたが、波留さんは二十代前半から全然変わっていない気がしました。しかし、映画前半最後でぶちまけるカンナへの責めの言葉、あれは言いがかり以外のなにものでもありませんね。ひど過ぎるよ、波留さん。

我が家では「ニヒルな人」と呼ばれている岡田将生さん。なんでかと言うと、右側だけの口角を上げる笑い方をするからです。この映画でもそれは健在で、こんな若いころから「ニヒルな人」をやっていたとは驚きでした。しかし、高良くんも良ければ岡田くんも良いですね、好きな俳優さんです。

コメント