映画『弥生、三月-君を愛した30年-』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『弥生、三月-君を愛した30年-』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

恋愛映画はあまり観ませんが、妻が観ていたので一緒になって観てみました(途中からは長男も参加)。波瑠も成田凌もあまり好きな俳優ではありませんが、なかなか面白い映画でした。なにが良かったのか。それは30年間という長い年月を描いた物語の中でも、3月だけにスポットを当てていたことです。卒業式、別れに再会、Jリーグの契約解除、そして震災…。出会いと別れの季節にスポットを合わせ、なかなか面白い見せ方でした。

一つとても残念だったのは、サクラ(杉咲花)のお墓です。時代劇じゃあるまいし、桜の木の下にお墓が一つ。それも30数年経ってもキレイなままなのです。

★★★★☆

作品概要

監督・脚本は遊川和彦。
製作は藤田浩幸、市川南。
主演は波瑠、成田凌、その他出演者に杉咲花、岡田健史、小澤征悦、岡本玲、黒木瞳ほか。

2000年3月公開の日本映画です。脚本家である遊川和彦のオリジナル脚本による第2回監督作品となります。出会いから30年間、一途に互いを愛し続けた波瑠と成田凌演じる2人の男女の恋愛ドラマです。

作品の紹介・あらすじ

見どころ
ドラマ「家政婦のミタ」「同期のサクラ」などの脚本家・遊川和彦が監督を務めたラブストーリー。長きにわたる男女の恋愛模様を、3月の出来事だけで紡ぐ。『流れ星が消えないうちに』などの波瑠と『カツベン!』などの成田凌がカップルを演じ、杉咲花、岡田健史、小澤征悦、黒木瞳らが脇を固める。

あらすじ
高校時代に運命的に出会った結城弥生(波瑠)と山田太郎(成田凌)は惹(ひ)かれ合っていたが、親友のサクラ(杉咲花)の死によって思いを伝えられず、別々の人生を歩む。彼らは互いに違う相手と結婚するが、夢に破れ、大切なパートナーを亡くすなど、生きる希望を見失うほどのつらい現実が待っていた。あるとき二人のもとに、亡くなったサクラからメッセージが届く。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画は主人公である2人の30数年を描いていますが、映画の2時間弱という時間ではとても収まりきれる内容ではありません。この映画は連続ドラマとして放送して欲しいものです。もっと人物像やその関係性、事柄などを掘り下げて観てみたいものです。その場合、もちろん主人公の2人は変更してもらいます。まず若いころの弥生役は高畑充希で、太郎役は高良健吾を希望します。中年以降の弥生は安田成美、太郎は大沢たかおでどうでしょうか。サクラ役はそのまま杉咲花さんで。

とにかく連続ドラマで観てみたいと思った映画です。

コメント