映画『スマホを落としただけなのに』のあらすじ・感想など

映画

 

映画『スマホを落としただけなのに』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督は中田秀夫、脚本は大石哲也。
原作は志駕晃の小説『スマホを落としただけなのに』。
製作は平野隆(企画プロデュース)。
出演は北川景子、千葉雄大です。
2018年公開の日本映画です。

あらすじ
男はある日タクシーで拾ったスマートフォンの着信で、稲葉麻美と会話をする。待ち受け画像の麻美は美しい様相で、男は麻美に興味を持つ。麻美はスマホをなくした恋人の富田誠の代わりに、スマホを返してもらうべく男と自由が丘で待ち合わせをするが、男は現れずにスマホだけが返ってくる。

そのころ神奈川の山中で、動物に掘られた土の中から、若い女性の白骨死体が発見される。刑事の毒島徹は殺人事件として捜査を始める。

三者の物語が同時進行で進む中、次第に狂気に満ちた惨劇へと発展していく。
Wikipedia(スマホを落としただけなのに)

主演の北川景子さんの出演作を観るのは初めてかもしれません。
Wikipediaで出演作品を観ましたが、やはり観ていた作品はありませんでした。
CMなどではたくさん見るのですが、女優としての北川さんを知らない訳です。
北川さん、超美形、きれいな顔立ちしてますよね(私はキツイ顔はあまりタイプではありませんが・・・)。
しかし、演技はというと大根ですねぇ~。

映画の内容はコメディかと思いきや、スマホを失くしたことにより、拾った相手に個人情報がバレ、そこから始まる恐怖の映画でした。
それにしてもスマホを失くすと面倒だし、怖いですね。
自分だけではなくて、SNSなんかに登録してある友人知人にまで迷惑が掛かるんですよね。
私も自分のスマホのロック解除を、指紋認証にのみにしようかと思いました。
しかし、たまに指紋ではロック解除できない時があるので、ロック解除パターンはすごく複雑にしましたよ。
これを機に、スマホを失くした場合に備え、危機意識レベルを上げるようにしたいと考えました。

最後に一言、原田泰三演じる刑事の無能ぶりが笑わせてくれます。
この映画の続編が公開させるようですが、なんでかなぁ~。

★★☆☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました