映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

大泉洋の主演で、お気に入りの小池栄子さんが出ているので借りてみました。私を飽きさせることなく106分のストーリーは進みましたが、隣で観ていた嫁からは微かな寝息が聞こえてきたのも確かです。面白くないこともないですが、少し期待が大きかったようです。

小池栄子さんの外見と声のギャップ、濱田岳の金歯、そして戦後という時代を考えると納得できる最後のオチは見所でしょう。

★★☆☆☆

作品概要

監督は成島出。
脚本は奥寺佐渡子。
原作はケラリーノ・サンドロヴィッチ(小林一三)。
出演は大泉洋、小池栄子、水川あさみ、橋本愛、木村多江他。

太宰治の未完の遺作である『グッド・バイ』を基にしたケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台劇を映画化そた作品です。舞台版でも小池栄子が同じ役で出演しています。2019年制作・2020年公開の日本のコメディ映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」をケラリーノ・サンドロヴィッチが戯曲化した舞台を、『八日目の蝉』などの成島出監督が映画化。互いの目的が合致した男女が偽りの夫婦を演じる。『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋と『接吻』などの小池栄子のほか、水川あさみ、橋本愛、木村多江、濱田岳、松重豊らが出演する。

あらすじ
戦後の混乱期を経て、復興へと舵を切った昭和の日本。雑誌の編集長を務める田島周二(大泉洋)には、何人も愛人がいた。一念発起して愛人たちと別れようと決意するが、彼女たちの顔を見るとなかなか別れ話ができない。そこで田島は、美人だががめつい永井キヌ子(小池栄子)に妻のフリをしてもらうことを思いつく。

シネマトゥデイ


感想・その他

お気に入りの小池栄子さんと言っても、別に熱狂的なファンではなく、もちろん豊満な胸があるからでもなく、彼女の顔を含めた雰囲気が好きなんです。気取らず飾らず自然体、私にはそのように感じられ、それが私の好感度になっています。アシスタントMCとして出演しているテレビ番組なんかを観てても、この人は頭の回転が速いなと、トークを聞いていて思います。グラビアアイドルとして一世を風靡していた頃の彼女からは、今の彼女は少しも想像できませんでした。

この映画の監督は成島出さん。この監督は小池栄子さんを重用しており、『八日目の蝉』や『ちょっと今から仕事やめてくる』なども。来年公開予定の吉永小百合主演の『いのちの停車場』にも出演するそうです。小池栄子さんは出演していませんが、この監督では『孤高のメス』が好きな映画です。アクション映画でないのに何回も観たくなる、そんな映画です。


グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇 [DVD]

コメント

タイトルとURLをコピーしました