映画『いま、会いにゆきます』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『いま、会いにゆきます』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

竹内結子さんの件もあり、久しぶりにこの映画を観ました。この映画を観るのは、もう何回目でしょうか。好きなんですこの映画。いい年した爺さんが気持ち悪いぜ、と思われようが好きなものは仕方ない。岡田惠和さんの脚本が性に合っているんでしょうね。この方のテレビドラマや映画は割と好きな作品が多いです。

タイトルの『いま、会いにゆきます』はよく考えられています。何回観ても良い映画ですが、今回は特に心に沁みました。

★★★★☆

作品概要

監督は土井裕泰。
脚本は岡田惠和。
原作は市川拓司の『いま、会いにゆきます』(小学館刊)です。
出演は竹内結子、中村獅童、武井証、浅利陽介、大塚ちひろ他。

市川拓司の原作小説である『いま、会いにゆきます』は、2003年3月に発売されて以来、異例と言えるロングセールスを続け、1年余りで発行部数30万部の大ヒット小説となりました。

作品の紹介・あらすじ

解説
死んだはずの妻と再会し、奇妙な共同生活を送るという同名小説の映画化。監督は「ビューティフルライフ」や「GOOD LUCK!!」など数々のヒットドラマをてがけた土井裕泰。主演にはドラマや映画で引っ張りだこの竹内結子が初の母親役に挑み、その夫を歌舞伎界の革命児こと中村獅童が扮する。シンプルでまっすぐな家族愛に目頭が熱くなること必見の感動作。

あらすじ
秋穂巧(中村獅童)は妻の澪(竹内結子)に先立たれ、1人息子の佑司(武井証)とつつましく暮らしていた。ある雨の日、妻にそっくりの女性が現れるが、彼女は記憶喪失だという。

シネマトゥデイ


感想・その他

澪の高校生役をやっていたのが女優の大塚ちひろさん。実は名前も知らなかったのですが、彼女は良いですね。ファンになりました。出演作で観ているのは『ヤンキー母校に帰る』や『白夜行』、WOWOWの『空飛ぶタイヤ』くらいですが、彼女の記憶はほとんどありません。Amazonプライムビデオで『白夜行』が観られるので、彼女を見るため観てみたいですね。旦那さんはなんとあの鈴木浩介で、妹さんは北村一輝の疫病神シリーズに出演していた山下リオさんでした。

この映画を観てあらためて感じたことは、竹内結子さんの透き通るような美しさです。とくに最後のひまわり畑での彼女は、神々しいまでの美しさでした。本人以外には計り知れない「なにか」があったのでしょう。しかし、死を選ぶほどの「なにか」なんてあるのでしょうか。返すがえすも彼女の死が悼まれて仕方ありません。安らかに…。


いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

コメント

タイトルとURLをコピーしました