映画『マスカレード・ホテル』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『マスカレード・ホテル』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

東野圭吾原作映画と言えば、『手紙』とか『容疑者Xの献身』に代表されるような感動モノを想像します。しかしこの映画は、そういう系の映画ではありませんでした。しかもハラハラ、ドキドキもなく、今一つ盛り上がりに欠けました。因みに私は犯人が誰か、最初に出てきた時に分かりました。

★★☆☆☆

作品概要

監督は鈴木雅之。
脚本は岡田道尚。
原作は東野圭吾『マスカレード・ホテル』。
製作は石原隆、木下暢起、藤島ジュリーK.、市川南。
出演は木村拓哉、長澤まさみです。

2019年公開の日本映画です。

東京都内で3件の予告殺人事件が起き、事件現場に残された不可解な暗号から、3つの事件は連続殺人事件として捜査される。警視庁の捜査本部は、数列の暗号が次の犯行現場を予告するものであると解読し、4つ目の殺人は高級ホテル「ホテル・コルテシア東京」で起こると推測する…。

作品の紹介・あらすじ

解説
東野圭吾の小説「マスカレード」シリーズ第1弾「マスカレード・ホテル」を実写化したミステリー。連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテルを舞台に、エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追う。主演は『HERO』シリーズや『武士の一分(いちぶん)』などの木村拓哉、バディ役は『散歩する侵略者』などの長澤まさみ。『HERO』シリーズで木村と組んだ鈴木雅之がメガホンを取る。

あらすじ
現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。

シネマトゥデイ

感想・その他

木村拓哉も長澤まさみも好きではありませんが、東野圭吾氏の原作なので借りてみました。木村拓哉も立っているだけなら格好いいんですが、動作、特に走り方はちょっとダサいですね。ドタドタって感じで、スピード感がありません。同世代の俳優さんなら竹野内豊さんや、西島秀俊さんがいいかな。そして長澤まさみ、この方は品が無いので、この役には向ていない気がしてなりません。ここはお気に入りの比嘉愛未さんとか、木南晴夏さんを配役したかったところです。


マスカレード・ホテル DVD 通常版

コメント