スポンサーリンク

映画『ラプラスの魔女』のあらすじ・感想など

映画

映画『ラプラスの魔女』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督は三池崇史、脚本は八津弘幸。
原作は東野圭吾の長編小説『ラプラスの魔女』。
製作は坂美佐子、前田茂司。
出演は櫻井翔、広瀬すずです。
2018年公開の日本映画です。

あらすじ
映像プロデューサーの水城義郎が、妻と訪れた赤熊温泉で硫化水素のガス中毒で死亡した。その事故の3か月ほど前に水城の母親・水城ミヨシから、義郎のことで相談を受けていた中岡祐二刑事は、気になってミヨシに連絡を取ってみると、義郎の事故後に首を吊って自殺したことを知る。ミヨシの老人ホームで、遺品整理に現れた水城の妻・水城千佐都と遭遇した中岡は、千佐都が義郎殺害に関与したと確信する。中岡は、赤熊温泉の事故調査を手掛けた青江修介教授に意見を求めるが、硫化水素ガス中毒で殺人を遂行するのは、屋外では不可能だと断言される。しかし、中岡は諦めきれずに地道に聞き込み捜査を行っていた。
一方、青江は不可能だと言ったものの、考えれば方法はありそうで気になっていた。そんな時、今度は苫手温泉で、売れない役者の那須野五郎が硫化水素ガス中毒で死亡する事故が起きる。地元新聞社から依頼されて苫手温泉で事故調査をしていた青江は、赤熊温泉の事故調査中に出会った羽原円華と再会する。円華の不思議な力を目撃し、また、担当した2つの事故調査の見解に自信が持てなくなっていた青江は、中毒死した水城義郎や那須野五郎のことを調べるうちに、映画監督の甘粕才生のブログに行き当たる。そこには家族に起きた悲惨な事故のこと、そして家族のことが書かれていた。
Wikipedia(ラプラスの魔女)

東野圭吾の原作とは言え、当たり外れがありますね。
こちらの映画『ラプラスの魔女』はまったくの外れ。
全然面白くありませんでした。
ただ、原作を読めばまた違った感想があるのかもしれません。

一番気になったのは、主人公の櫻井翔演じる青江修介。
ガリレオの湯川とか、加賀恭一郎シリーズの加賀とか、そんなのをイメージしていたんですよね。
それがそれが、「この青江修介って人、要る?」ってくらい、影が薄く役に立っていません。
全然活躍していないんです。
「櫻井翔、お前要らね」でしたが、原作も脚本も監督も悪いんでしょうね。

そして観るに堪えない、最後のクライマックスのシーン。
いやもうね、観るのも止めたくなるような酷さでした。
映画館に観に行った人が気の毒になりました。
だって、DVDのレンタル代でも返せ、と思える残念な作品なんですから。

唯一、佐藤江梨子を久しぶりに見えたのは良かったです。

★☆☆☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました