スポンサーリンク

映画『人魚の眠る家』のあらすじ・感想など

映画

作品概要

映画『人魚の眠る家』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督は堤幸彦、脚本は篠崎絵里子。
原作は東野圭吾の小説『人魚の眠る家』。
製作は新垣弘隆他。
出演は篠原涼子、西島秀俊、そして坂口健太郎です。
2018年公開の日本映画です。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
夫の浮気で別居状態にあった和昌と薫子の夫婦は、娘の瑞穂の有名私立小学校の受験が終わったら離婚するつもりでいた。円満な関係をアピールするため、面接試験の予行演習を待っていたある日、薫子の母や妹たちとプールに行った瑞穂がプールの排水溝の網に指を突っ込んで抜けずに溺れてしまう。和昌と薫子は病院に駆けつけるが、集中治療室に運ばれた娘が脳死状態であることを告げられ医師から厳しい選択を迫られてしまう。もう二度と目を覚まさない瑞穂の臓器を提供するかどうか。他人を思いやれる心優しい我が子を思い2人は一度は臓器提供を決断するが、最期の日、瑞穂の手がかすかに動くのを薫子は目撃してしまう。薫子は判断を覆し臓器提供を拒み、そこから心臓は動き続けるが眠り続ける瑞穂を家族の協力のもと介護しつづける。和昌はIT系機器メーカーのハリマテクスを経営しており、人工呼吸器を外し人工知能呼吸コントロールシステムを装着する手術を瑞穂に受けさせる。さらに社員の協力で瑞穂の筋肉に電気信号を流し手足が動かせるようになり筋肉量も維持していく。そこから瑞穂の体調は良くなり、普通の子がただ眠っているような姿のまま成長していくが、脳死したはずの瑞穂が動くことに気持ち悪がる人間もおり、その偏見の目は瑞穂の弟・生人にまで及ぶ。家族は薫子を思い今まで違和感を口に出せずにいたが、瑞穂の死を受け入れなければならないと考えるようになる。そして瑞穂の体調も急激に悪化し始める。
Wikipedia(人魚の眠る家)

感想・その他

主演は篠原涼子。
我が子を操り人形にして悦に浸る、そんな変な宗教にのめり込んでいくような母親役を、上手く演じていました。
しかし、私はこの方が好きではありません。
とくに理由はありませんが、強いて言えば声でしょうか。
その夫役は安定の西島秀俊。
彼は好きですね。
しかし、もっと好きなのが坂口健太郎くん。
彼、良いですよね。
スズキのラパンが欲しくなります。
テレビドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』からのファンです。

さて、映画の方。
家族、脳死をテーマとして扱った作品です。
一度は我が子の脳死を受け入れ、指がかすかに動いたのが理由で、臓器提供寸前での翻意。
それからの家族の葛藤が描かれています。

指が動いた・・・
子を持つ親なら誰もが「目覚め」を信じたくなるはずです。
自分については、脳死の場合の意思表示はしっかりしておきたいと思いました。
まあ、嫁と子供らはさっさと延命治療を止めるとは思いますが・・・。

私的評価

監督の堤幸彦さんと言えば、ドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』の演出。
あのドラマが大好きで、年一回は観ることにしています。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました