映画『孤狼の血』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『孤狼の血』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

これは誰が観ても面白いと感じるでしょう。言葉使いもお下劣で「昭和」を感じさせ、笑わしてくれます。最高のエンターテイメント映画です。それもひとえに役所広司のお陰だと断言します。時代は昭和の終わりの63年(1988年)。今では考えられないくらい、まだまだやくざ社会に活気がありました。

★★★★☆

作品概要

監督は白石和彌。
脚本は池上純哉。
原作は柚月裕子の小説『孤狼の血』。
製作は天野和人。
出演は役所広司、松坂桃李です。

2018年公開の日本映画です。

広島の架空都市・呉原を舞台にした、「警察小説×『仁義なき戦い』」と評されている柚月裕子の同名小説の映画化です。出演は役所広司、松坂桃李、江口洋介ら。監督は『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌。

作品の紹介・あらすじ

解説
『凶悪』などの白石和彌監督がメガホンを取り、柚月裕子の小説を映画化。暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、すさまじい抗争を起こしている暴力団と彼らを追う刑事たちのバトルを活写する。役所広司が主演を務め、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介らが共演。昭和の男たちが躍動する。

あらすじ
昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と共に捜査に乗り出す。

シネマトゥデイ

感想・その他

やはり役所広司には存在感がありますね。体や演技から発散されるオーラが半端ではなく、観ていて圧倒されます。この方の出ている映画やテレビドラマは、無条件で観ることにしています。たまに「あれっ…」という作品もありますが、それはそれファンなので許します。最初に観たのはNHK大河ドラマの織田信長役で、印象に残っているのが映画『たんぽぽ』の謎の男約。好きな映画は『突入せよ! あさま山荘事件』と『絆 -きずな-』かな。

この映画には竹野内豊が出演しています。私の好きな豊が、どうしてこんな役、どうしてそんな髪型と、思わず突っ込んでしまいました。もうちょっといい役が良かったな。原作的には年齢に無理があるかもしれませんが、松阪桃李の役が良かったかな。その点、江口洋介は良い役をゲットしています。


孤狼の血 [DVD]

コメント