スポンサーリンク

映画『三度目の殺人』のあらすじ・感想など

映画

 

映画『三度目の殺人』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督は是枝裕和、主演は福山雅治、2017年公開です。

『三度目の殺人』(さんどめのさつじん)は、2017年9月9日公開の日本映画。是枝裕和監督のオリジナル脚本による法廷サスペンス。主演は福山雅治。
2017年8月30日より開催の第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門への正式出品作品。

あらすじ
勝利にこだわる弁護士・重盛(福山雅治)はやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴された三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。重盛は、どうにか無期懲役に持ち込もうと調査を開始する。三隅は会う度に供述を変え、動機が希薄なことに重盛は違和感を覚える。やがて重盛が三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)の接点にたどりつくと、それまでと異なる事実が浮かび上がっていく。
Wikipedia(三度目の殺人)

役所広司フリークとしては、観ないといけない作品。
なんだろう、この存在感。
どんな役をやっても完璧に演じます。
主役である福山雅治が気の毒・・・。
しかし、福山雅治もおじさんになってしまいましたね。
それと、活舌が悪くセリフが聞きづらいです。

さて、映画の方。
福山雅治演じる弁護士が、法廷で大活躍するドラマを期待していたらズッコケます。
是枝監督が撮りたかったのは、そういう映画ではありません。
三度目の殺人とはなにか、司法とはなにか、その辺りにスポットライトを当てたかったようです。

結局どうなのよ、と白黒させたい人には向きません。
観終わってモヤモヤ感が半端ないのは確かです。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました