映画『羊と鋼と森』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『羊と鋼と森』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

主人公の祖母役には吉行和子さん。ひょっとしたら映画の中で、一言も言葉を発していなかもしれません。その祖母がかつて直樹(主人公)の弟に言っていたそうです。
「直樹は森で迷っても必ず帰ってきた」と。
これを聞いて、調律師として迷っていた主人公の心はサッと靄が晴れたようになりました。
役としてのセリフはありませんでしたが、多分主人公には一番の心に響いた言葉となったはずです。
森に吹く風の音とか木の葉の揺れる音、雨の優しい音など、とても美しい映画でした。

★★★★☆

作品概要

監督は橋本光二郎。
脚本は金子ありさ。
原作は、宮下奈都の「羊と鋼の森」。
製作は石黒裕亮他。
出演は山﨑賢人、鈴木亮平、三浦友和です。

2019年の日本映画です。

原作は、第13回本屋大賞に輝いた宮下奈都の小説「羊と鋼の森」です。ピアノの調律の虜になった一人の青年が調律師となり、さまざまな人々との交流を通じて成長していくさまを描いています。

作品の紹介・あらすじ

「羊」の毛で作られたハンマーが、
「鋼」の弦をたたく。
ピアノの音が生まれる。
生み出された音は、
「森」の匂いがした―

将来の夢を持っていなかった主人公・外村(山﨑賢人)は、
高校でピアノ調律師・板鳥(三浦友和)に出会う。
彼が調律したその音に、
生まれ故郷と同じ森の匂いを感じた外村は、
調律の世界に魅せられ、果てしなく深く遠い森のようなその世界に、足を踏み入れる。
ときに迷いながらも、
先輩調律師・柳(鈴木亮平)やピアノに関わる多くの人に支えられ、
磨かれて、外村は調律師として、人として、逞しく成長していく。
そして、ピアニストの姉妹・和音(上白石萌音)由仁(上白石萌歌)との出会いが、
【才能】に悩む外村の人生を変えることに―。

東宝WEB SITE

感想・その他

本屋大賞を獲った本は必ず読むという友人から、とても面白かったと聞いたことがあったこの作品。それが映画化され、そしてレンタルされていたので、借りて観てみた次第です。

不思議に思っていたこの『羊と鋼と森』というタイトル。観ていて最初の方で「なるほど」と分かるのですが、不思議に思っていたこのタイトルも、分かってしまえばとても良いタイトルに思えてきました。それにしてもピアノの奥深さを知った映画でした。今までは、どんな構造・方法で音を鳴らしているのかまったく知りませんでしたが、この映画を観ただけでちょっとした「ピアノ通」になれました。
映画の中で、「1つの鍵盤には約60個の部品があり、調整も60か所・・・」そんな会話が出てきたと思います。ピアノという楽器にしろ、調律師という職業にしろ、どんな物、どんな職業も奥の深いものですね。


羊と鋼の森 DVD通常版

コメント