映画『居眠り磐音』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『居眠り磐音』を観ました。
レンタルビデオでの鑑賞です。

原作はもちろんのこと、NHKでドラマ化された『陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~』も観ておりませんが、ドラマ版で磐音を演じた山本耕史さんはどうだったのでしょうか。己の愛する人々や恩人を守るため戦う磐音、そんな役柄を見事に演じた松坂桃李さんにより、映画は思っていた以上の出来栄えでした。
やはり悪が懲らしめられるのは、観ていてスキっとします。

★★★★☆

作品概要

監督は本木克英。
脚本は藤本有紀。
原作は佐伯泰英の『居眠り磐音 決定版』。
製作は藤村直人。
出演は松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、佐々木蔵之介、杉野遥亮、柄本明、谷原章介他。
2019年の日本映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
佐伯泰英の最高傑作であり、<平成で最も売れている時代小説シリーズ>として多くの時代小説ファンの心を掴む「居眠り磐音」が日本を代表する豪華俳優陣とスタッフにより完全映画化。 主人公・坂崎磐音役には、日本映画界を代表する俳優・松坂桃李。優しく穏やかだが実は剣の達人である磐音を、本作で”時代劇初主演”となる松坂が見事に演じ切った。 また木村文乃、芳根京子、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、陣内孝則、谷原章介、中村梅雀、柄本明など超豪華俳優陣が大集結。 監督は『空飛ぶタイヤ』など数々の大ヒット作品を生みだしてきた本木克英。 これ以上ないキャスト・スタッフが集結し、原作の持つ世界観を余すことなく表現した。 優しさの中に秘めた強さ、愛する人を想う気持ち。磐音の人柄には日本人が失ってしまった真の男の姿があった。江戸下町の人々との心温まる交流、颯爽と悪を斬る磐音の剣、胸をしめつける男女の恋模様を描く、全く新しい時代劇エンターテインメントが誕生した。

あらすじ
坂崎磐音は、故郷・豊後関前藩で起きた、ある哀しい事件により、2人の幼馴染を失い、祝言を間近に控えた許嫁の奈緒を残して脱藩。すべてを失い、浪人の身となった──。 江戸で長屋暮らしを始めた磐音は、長屋の大家・金兵衛の紹介もあり、昼間はうなぎ屋、夜は両替屋・今津屋の用心棒として働き始める。 春風のように穏やかで、誰に対しても礼節を重んじる優しい人柄に加え、剣も立つ磐音は次第に周囲から信頼され、金兵衛の娘・おこんからも好意を持たれるように。 そんな折、幕府が流通させた新貨幣をめぐる陰謀に巻き込まれ、磐音は江戸で出会った大切な人たちを守るため、哀しみを胸に悪に立ち向かう──。
dTV

感想・その他

ピエール瀧さんの不祥事により、代役となった奥田瑛二さんで撮り直しが発生し、予定通りの公開が危ぶまれたいわく付きの作品となりました。
最近では奥田瑛二さんも悪役が板に付き、憎らしほどの演技をします。しかし、予定通りピエール瀧さんが演じていたならあの「悪役顔」の存在感もあり、もっと憎々し気になったと思われます。

主役には私一押しの松坂桃李さん。
しかしなんですね、私が好きな顔を持つ桃李さんですが、見慣れないのもありますが、ちょんまげカツラは全然似合いませんでした。まだ、柄本佑さんの方が似合ってましたよ。
ただ、浪人風情に落ちぶれてからは散切り頭となり、いつもの格好良い桃李くんになり、安心して観ていられるようになりました。

しかし、女性は強くて逞しいです。ラストで相対する元許嫁の奈緒と磐音を見て、つくづくそう思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました