スポンサーリンク

映画『フォルトゥナの瞳』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『フォルトゥナの瞳』を観ました。
レンタルビデオでの鑑賞です。

ラブストーリー的なのを期待して嫁が借りましたが、嫁は途中で高鼾。
その代わり、私が最後まで真剣に観てました。
後半の盛り上がりが良かったです。

★★★☆☆

作品概要

監督は三木孝浩。
脚本は三木孝浩、坂口理子。
原作は百田尚樹の『フォルトゥナの瞳』。
製作は臼井央、春名慶他。
出演は神木隆之介、有村架純、志尊淳、DAIGO、北村有起哉、時任三郎、斉藤由貴他。
2019年の日本映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
原作は『永遠の0』、『海賊とよばれた男』の百田尚樹による小説『フォルトゥナの瞳』(新潮文庫刊)。主人公の青年【木山慎一郎】を演じるのは、弱冠25歳にして20年以上のキャリアを持つ当代随一の実力派俳優・神木隆之介。ヒロインの【桐生葵】を演じるのは、話題作への出演が続き国民的人気女優となった有村架純。そして志尊淳、DAIGO、松井愛莉、北村有起哉、斉藤由貴、時任三郎ら個性豊かな豪華俳優陣が脇を固め、『アオハライド』、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など青春映画の名匠・三木孝浩が映像化を手掛ける。主題歌・挿入歌には世界でも活躍する大人気ロックバンドONE OK ROCKの「In the Stars(feat. Kiiara)」が決定。
運命が見える男と“死の運命”に導かれる女性が織りなす、心震えるラブストーリーが誕生する。

あらすじ
幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】(神木隆之介)は、友人も恋人も作らず仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分の力に苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで【桐生葵】(有村架純)に出会う。明るく、自分に夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合った2人は幸せな日々を過ごしていくが、それもつかの間、突然街ゆく人々が次々と透け始めてしまう。そして、ついには葵までもが―
「人は朝起きてから夜寝るまで9000回何かを選択している―」(劇中より)
愛する人の“死の運命”が見えた時、慎一郎は何を選択するのか。心震えるラストが待ち受ける―
オフィシャルサイト

感想・その他

原作があの百田尚樹さんと知って、この映画を観る前は違和感でいっぱいでした。
ほとんど映画で観た『永遠の0』と『海賊とよばれた男』しか知りませんが、こんな恋愛ものを百田さんが書いたのかと不思議でした。
しかし、映画を観終わって気付きました。どの作品も「無私の心」なんですよね。

さて、有村架純ちゃんは置いといて、斉藤由貴さんのこと。
昭和41年生まれという年齢ですが、とても美しいです。若い頃より魅力的だと思います。
しかしこの方、「恋多き魔性の女」と言われるほどスキャンダラスなんです。尾崎豊に、現在離婚騒動で世間を賑わしてる川崎麻世さんとも不倫。近年ではかかりつけの医師と「パンツ被りダブル不倫」を起こしていて、かなりあぶない自由奔放な方なんですね。しかしこんな騒動を起こしても、最近もよく見かけるんです。映画『空母いぶき』にも出演していたし。不倫が発覚した当時は、NHK大河ドラマの降板やCMの打ち切りはあったのですが、世間は意外と優しかったですね。私なんかも、矢口真理さんは許せませんが、この方には「いいんじゃない」的な思いです。なんでしょうね、この違いは。「彼女はそういう人」という事なんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました