スポンサーリンク

映画『空母いぶき』のあらすじ・感想など

映画

作品概要

映画『空母いぶき』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。
監督は若松節朗。
脚本は伊藤和典、長谷川康夫。
原案はかわぐちかいじの同名の漫画。
出演は西島秀俊、佐々木蔵之介です。
2019年の日本映画です。

作品の紹介・あらすじ

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。
息もつかせぬ展開と壮大なスケールで描かれる、戦後、日本が経験したことのない24時間。日本映画界を代表する俳優陣が集結して贈る、超ド級のエンタテインメント大作がここに誕生する。

原作は「沈黙の艦隊」「ジパング」などで知られる巨匠・かわぐちかいじ氏の同名コミック。2014年より「ビッグコミック」誌にてスタートした連載は現在も継続中だが、日々変わりゆく昨今の国際情勢をにらみ、映画ではオリジナルの設定と展開も加え、日本がかつてない危機にさらされた、遠くない未来の一日の物語とした。監督は『ホワイトアウト』(00)『沈まぬ太陽』(09)『柘榴坂の仇討』(14)など骨太な人間ドラマで知られる若松節朗。
戦後初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》とその乗員たちを中心に、政府やメディア、そして国民たちが、それぞれの立場、それぞれの思いで、この国が保ち続けた平和を守ろうとする熱き闘い。そのとき彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。そして手にした力はどのような形で使うべきなのか。我々がこの映画で目撃するのは、そんな彼ら一人一人の決断が作る、明日の日本の姿である。
映画『空母いぶき』公式サイト

感想・その他

この映画のストーリーは、ほぼ映画用のオリジナルです。
侵略してくるのが謎の新興国。漫画の方を読んでいますが、映画ではさすがに中国を名指しで侵略軍とすることはできなかったのでしょう。
どのシーンも違和感ありありで、とてもイライラする映画でした。

そんな中でも、唯一の光となったのが本田翼さんの可愛さでした。
「あれっ、この人ってこんなキレイなヒトだったんだ」などと今更ながら思ってしまいました。
俄然、翼ファンとなってしまいましたが、映画『新聞記者』(2019年6月公開)というちょっと気になっている映画にも出演しているようなので、絶対に観なければなりません。また、出演映画を調べたところ、『起終点駅 ターミナル』っていう映画があるんですが、これも気になりますね。
今まではなんとも思わない女優さんでしたが、これからはチェック対象です。

私的評価

原作とは全く違い、とにかく残念な映画でした。
現代戦では最初に撃った方が圧倒的に有利で、“撃たれてから撃つ”では絶対に勝てません。実際の自衛隊員なら、死んじゃうからこの映画のような戦いはしないと思うんですが・・・。
古いですが、映画『亡国のイージス』も専守防衛に徹していましたが、映画としては『亡国のイージス』の方がぜんぜんマシでした。

★★☆☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました