映画『祈りの幕が下りる時』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

「新参者」シリーズ、映画『祈りの幕が下りる時』を観ました。
レンタルビデオでの鑑賞です。

父親、母親、家族、そして自分と子供。そんなのを頭の隅で考えながら観ていました。「ちょっと実家に行って、顔を見せてこようかな」、そんなことを思わせてくれた映画でした。

★★★☆☆

作品概要

監督は福澤克雄。
脚本は李正美。
製作は伊與田英徳、藤井和史、川嶋龍太郎、露崎裕之。
原作は東野圭吾の同名小説です。
主演は阿部寛、その他出演は松嶋菜々子、溝端淳平、田中麗奈ほか。

2018年公開の日本映画です。

東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編です。東野の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」第10作の映画化で、2010年に放送された連続ドラマ「新参者」、2本のスペシャルドラマ、映画『麒麟の翼 劇場版・新参者』に続き、阿部寛が主人公の刑事・加賀恭一郎を演じています。

作品の紹介・あらすじ

解説
類い稀な推理力で難事件を解決に導く刑事を主人公にした、東野圭吾の人気ミステリー小説を映像化した『新参者』シリーズの完結編。謎に包まれた殺人事件の捜査線上にある女性演出家が浮上したことで、主人公・加賀の母が失踪した理由や父との不和、加賀自身の過去が明かされる。主演の阿部寛をはじめ溝端淳平、田中麗奈、山崎努らレギュラー陣が続投し、新キャストとして松嶋菜々子、伊藤蘭、小日向文世らが参加。テレビドラマ「半沢直樹」などの演出を務めた福澤克雄がメガホンを取る。

あらすじ
滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見する。そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……。

シネマトゥデイ

感想・その他

主人公の加賀恭一郎、つくづく阿部ちゃんのはまり役だと感じます。私の中では、金田一耕助役の石坂浩二さんのよう。因みに阿部ちゃんとは同い年。なんだかなぁ、この違いは。背も20cmも違うし…。まあ、阿部ちゃんも不遇な時もあったようだし、許しましょう(笑)

松嶋菜々子さんの演技はさておき、お歳を召されても綺麗です。でも、なんと言っても博美の子供時代を演じていた桜田ひよりさんがとてもいい。父親役の小日向文世さんとのトンネル内の生き別れシーンは、胸が締め付けられるように切なかったです。これからは、桜田ひよりさんのオフィシャルサイトをチェックすることにします。

連続ドラマの『新参者』、特番ドラマの『赤い指』と『眠りの森』、そして映画の『麒麟の翼』にこの作品。
一番良かったのは『赤い指』でしょうか。これは何回観ても泣けるんです。


祈りの幕が下りる時 Blu-ray通常版

コメント