映画『ザ・フォーリナー/復讐者』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ザ・フォーリナー/復讐者』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

アクションだけない、演技派俳優ジャッキー・チェンが観られます。

ストーリーは、爆発テロに巻き込まれ死亡した娘に対する復讐劇というよくあるパターンの映画ですが、中盤からはテンポもよく映画に引き込まれます。
しかし、この映画に限ったことではありませんが、いくら元特殊部隊の工作員だったとしても、あのような超人的な行動ができるんだろうかと、その手の映画を観るといつも思うんです。
まあ、映画なので、そんなところを突っ込んでも仕方ありませんが…。

★★★★☆

作品概要

監督はマーティン・キャンベル。
脚本はデヴィッド・マルコーニ。
原作はスティーブン・レザーの「チャイナマン」。
製作はジャッキー・チェン他。
出演はジャッキー・チェン、ピアース・ブロスナンです。

2017年のイギリス・中国・アメリカ合衆国合作のアクション・スリラー映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
アジアのアクションスター、ジャッキー・チェンが製作と主演を兼任したサスペンスアクション。元特殊部隊員の男が、テロで亡くなった娘の復讐(ふくしゅう)を果たそうと、事件の裏に隠された真相に近づく。メガホンを取るのは『007』シリーズなどのマーティン・キャンベル。『マンマ・ミーア!』シリーズや、キャンベル監督と組んだ『007/ゴールデンアイ』のピアース・ブロスナンらが共演する。脚本は『エネミー・オブ・アメリカ』などのデヴィッド・マルコーニ。

あらすじ
クァン・ノク・ミン(ジャッキー・チェン)は、特殊部隊に所属していた過去を封印し、ロンドンでレストランを経営していた。高校生になる娘の成長を見守っていたが、彼女は無差別テロによって命を落としてしまう。憤怒に駆られた彼は、特殊部隊時代に培ったスキルを駆使して犯人を捜し出し、リベンジしようと決意する。調査を進めていくと、北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の存在が浮かび上がる。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画は、ジャッキー・チェンのシリアス映画である。
私が観た中で、ジャッキーの笑顔が無い映画は初めてかもしれない。
映画冒頭のジャッキーは、腰も曲がったお爺さんに見えるんです。
演技でそうしているとは思いますが、映画『プロジェクトA』を映画館で観た私からすると、少なからずショックを覚えました。
しかし、元特殊部隊の工作員だったという昔取った杵柄で、だんだんと覚醒していくジャッキーは顔つきが変わり、腰もピンと伸びてきます。

そして、ジャッキーと対決する北アイルランドの副首相ヘネシーを演じるのは、ピアース・ブロスナンです。
みなさんご存知の5代目ジェームズ・ボンドの俳優さんです(実際のところ、私はロジャー・ムーア辺りの007シリーズしか観ていません)。
監督が007シーリーズも撮っているマーティン・キャンベルとくれば、この配役も頷けます。
このピアース・ブロスナンの出演作をざっと見ましたが、実のところ映画『ダンテズ・ピーク』しかありませんでした。
そして驚いたことにこの映画に、現在公開されているターミネーターシリーズのリンダ・ハミルトンが出演していたことです。


ザ・フォーリナー/復讐者

コメント