映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』を観ました。
Amazonプライムビデオでの視聴です。

Amazonプライムでたまたま見つけてたこの映画。ローワン・アトキンソン主演ということで観てみましたが、当たりの映画でした。『Mr.ビーン』テイストの笑いが最初から最後まで約100分、ずっと続くスパイアクションムービーです。ストーリーはちゃんとしていて、ローワン・アトキンソン意外の役者さんは至ってまじめに演技しております。

★★★★☆

作品概要

監督は、オリヴァー・パーカー。
脚本は、ハーミッシュ・マッコール。
出演者は、ローワン・アトキンソン、ロザムンド・パイク。

2011年のイギリスのスパイコメディ映画で、『ジョニー・イングリッシュ』の続編です。

本映画は、2003年公開された『ジョニー・イングリッシュ』の続編となります。007ボンドシリーズや前作を観ていませんが、まったく問題なくこの映画を楽しめました。第三弾『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 』が2018年に公開されました。

作品の紹介・あらすじ

解説
『Mr.ビーン』シリーズでおなじみの人気コメディアン、ローワン・アトキンソンふんするドジなスパイの活躍を描く『ジョニー・イングリッシュ』シリーズ第2弾。監督は『理想の結婚』のオリヴァー・パーカー。共演には『X-ファイル』シリーズのジリアン・アンダーソン、『007/ダイ・アナザー・デイ』のロザムンド・パイクらがそろう。本家『007』シリーズを連想させるパロディーやアクション、ユニークな秘密兵器の数々など、前作よりもさらにスケールアップした笑いを楽しめる。

あらすじ
かつて祖国の危機を救い諜報(ちょうほう)機関MI:7のエースとなるも、ある任務で自信を失ったジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)はチベットの僧院に引きこもっていた。そんな折、英中首脳会談を控えた中国首相を暗殺する動きがあることから、彼に情報収集と暗殺阻止の命令が下る。イングリッシュは新たな任務に張り切るが、思いもよらぬ陰謀が待ち受けていた……。

シネマトゥデイ

感想・その他

どういう意味なのか、イギリス諜報機関「MI7」が日本企業東芝の傘下(笑)。これは公共事業の民営化をパロっているのか。今現在、日本では水道法改正で国会が賑わっています。しかし、外国ではすでに民営化に失敗し、また自治体(国)に管理が移行しているそうですね。よく言われている主な原因は、品質低下と料金高騰だそうです。そんなことを風刺しているのかな、なんて思ってしまいました。

それにしてもロザムンド・パイクは綺麗な顔立ちで、滅茶好みです。「好きな女優さんは?」と聞かれたら、「外国人ならロザムンド・パイク」と言えるように、名前を覚えようと思います。因みに映画『ゴーン・ガール』で、各賞を受賞している有名は女優さんではあります。


ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬 [DVD]

コメント