映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』のあらすじ・感想など

映画

ローワン・アトキンソンのコメディスパイ映画『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』を観ました。

Amazonプライムビデオでの視聴です。
『ジョニー・イングリッシュ』の続編。
監督は、オリヴァー・パーカー。
脚本は、ハーミッシュ・マッコール。
出演者は、ローワン・アトキンソン、ロザムンド・パイク。
2011年のイギリスのスパイコメディ映画です。

「パスカル・ソヴァージュの陰謀を阻止し一躍エース・エージェントの仲間入りを果たしたジョニー・イングリッシュだったが、モザンビークのシャンバール大統領の警護任務をしくじり、テレビの生中継の場で暗殺されるという失態を犯し、ナイトの称号を剥奪され、MI7も解雇されてしまう。失意のイングリッシュは精神と肉体を鍛え直すため、チベットの僧院に引きこもり修行の日々を送ることにした。

それから5年後。イングリッシュのもとにMI7からの復帰許可が届いた。喜んでイギリスに戻るイングリッシュだったが、5年の間にMI7は東芝に買収されてしまい、部長の「ペガサス」もパメラ・ソーントンという女性に交代していた。パメラはイングリッシュに、英中首脳会談に出席する中国のジャン・ピン首相暗殺計画を阻止するように命令し、イングリッシュは新しい助手のタッカーと共に、情報提供者のフィッシャー元CIAエージェントに会うため香港に向かう。イングリッシュはフィッシャーから、暗殺を計画しているのは「ボルテックス」という暗殺集団であることを告げられ、モザンビークの一件も「ボルテックス」の仕業だと聞かされる。しかし、フィッシャーは掃除屋に扮した「ボルテックス」メンバーの老婆に射殺され、暗殺に必要な鍵もメンバーの男に盗まれてしまう。

イングリッシュは追跡の末に男を捕まえ鍵を取り戻し、意気揚々とイギリスに戻りパメラに鍵を渡そうとするが、途中の飛行機の中で再び鍵を盗まれてしまう。ショックを受けるイングリッシュのもとに「ボルテックス」の老婆が現れ彼を殺そうとする。老婆を追いかけるイングリッシュは、間違えてパメラの祖母を袋叩きにしてしまい叱責されてしまう。意気消沈するイングリッシュだったが、MI7の心理学者ケイトの協力を得て、「ボルテックス」のメンバーが、MI7とKGBの二重スパイだったカルレンコであることを突き止める。名誉挽回のため急いでカルレンコのもとを訪れるイングリッシュだったが、またもや老婆にカルレンコを射殺されてしまう。死ぬ直前、カルレンコは「”ボルテックス”の最後のメンバーはMI7にいる」と伝え、2つ目の鍵をイングリッシュに渡す。

イングリッシュは裏切者を探すため、MI7のトップ・エージェントで友人のサイモンに心当たりはないかと相談する。タッカーはサイモンが「ボルテックス」のメンバーだと確信し捕まえようとするが、イングリッシュは「そんな訳がない」と叱責し、サイモンに鍵を渡し退散する。タッカーの想像通り「ボルテックス」のメンバーだったサイモンは「イングリッシュが裏切者だ」とMI7に虚偽報告し、イングリッシュはMI7に追われることになる。真相を知ったイングリッシュは暗殺計画を阻止するため、タッカーと共に首脳会談が行われるスイスの山荘に向かう。

イングリッシュとタッカーは山荘でサイモンの正体を暴き暗殺を阻止するが、サイモンは山荘から逃走する。サイモンを追いかけるイングリッシュは奮闘の末、サイモンを殺害する。暗殺計画を阻止した功績を称えられたイングリッシュはナイトに復位することになった。バッキンガム宮殿の叙任式に参加するイングリッシュだったが、そこに女王に扮した老婆が現れ襲いかかって来る。追いかけて老婆を捕まえたイングリッシュは、パメラや首相の前に老婆を引きずり出すが、反対のドアから老婆を捕まえた衛兵たちが現れる。間違えて女王を捕まえてしまったイングリッシュは、パメラたちを前に驚愕の表情を浮かべていた。
Wikipedia(ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬)

Amazonプライムでたまたま見つけてたこの映画。
ローワン・アトキンソン主演ということで観てみましたが、当たりの映画でした。
『Mr.ビーン』テイストの笑いが最初から最後まで約100分、ずっと続くスパイアクションムービーです。
ストーリーはちゃんとしていて、ローワン・アトキンソン意外の役者さんは至ってまじめに演技しております。

どういう意味なのか、イギリス諜報機関「MI7」が日本企業東芝の傘下(笑)
これは公共事業の民営化をパロっているのか。
今現在、日本では水道法改正で国会が賑わっています。
しかし、外国ではすでに民営化に失敗し、また自治体(国)に管理が移行しているそうですね。
よく言われている主な原因は、品質低下と料金高騰だそうです。
そんなことを風刺しているのかな、なんて思ってしまいました。

本映画は、2003年公開された『ジョニー・イングリッシュ』の続編となります。
007ボンドシリーズや前作を観ていませんが、まったく問題なくこの映画を楽しめました。
第三弾『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 』が2018年に公開されました。

それにしてもロザムンド・パイクは綺麗な顔立ちで、滅茶好みです。

★★★★☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました