映画『インターステラー』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『インターステラー』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

観たことあることに、観だしてから3分後に気付きました。でも、場面場面は覚えているのですが、結末は全然覚えがありません。ということなので最後まで観てしまいました。この映画、私には理解不能なことばかりですが、面白いです。

★★★★☆

作品概要

監督はクリストファー・ノーラン。
脚本はジョナサン・ノーラン。
製作総指揮はジョーダン・ゴールドバーグです。
出演はマシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、マイケル・ケイン他。

2014年制作のアメリカのSF映画です。

世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアの男をマシュー・マコノヒーが演じる。

作品の紹介・あらすじ

解説
『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。主演を務める『ダラス・バイヤーズクラブ』などのマシュー・マコノヒーを筆頭に、『レ・ミゼラブル』などのアン・ハサウェイ、『ゼロ・ダーク・サーティ』などのジェシカ・チャステインら演技派スターが結集する。深遠なテーマをはらんだ物語に加え、最先端VFXで壮大かつリアルに創造された宇宙空間の描写にも圧倒される。

あらすじ
近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、二つの間で葛藤する男。悩み抜いた果てに、彼は家族に帰還を約束し、前人未到の新天地を目指すことを決意して宇宙船へと乗り込む。

シネマトゥデイ

感想・その他

マット・デーモン扮するマン博士。マン博士は、一番有能で一番任務(人類の移住計画)に情熱を抱いた人物。その彼が、自分の降り立った惑星が移住に適さないことを知りつつ、地球に信号を送ります。それに騙されて主人公たちがその惑星に降り立ちますが、主人公・クーパーたちを置き去りにして地球に帰ろうとします。

でも、このマン博士の行動・気持ちは、痛いほどよく分かりますね。ずっと冬眠装置の中で過ごし、やっと迎えに来てくれた。迎えに来なければ、ゆくゆくは寂しく死を迎えるていたでしょう。ただ、一緒に帰れなかったのかな…。

さて、この映画がなにがよかったのか。それは最後のシーンではないでしょうか。クーパーとアメリアは、アダムとイブになるのか…。そんなことを想像させてくれる終わり方でした。


インターステラー [Blu-ray]

コメント