映画『湿地』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『湿地』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

捜査で明らかになっていく、過去の過ちから起きた悲劇。そんなミステリアスな展開は悪くなく、いろいろ考えさせられるものもあります。最後まで観て、最初の場面と結び付き、納得のいく映画となっています。
でも、星三つかなぁ・・・。

★★★☆☆

作品概要

監督・脚本はバルタザール・コルマウクル。
原作はアーナルデュル・インドリダソンの2002年の同名作『湿地』(原題:Mýrin)です。
出演はイングヴァール・E・シーグルソン他。

2006年制作のアイスランド・デンマーク・ドイツ合作映画です。

監督は『2ガンズ』『エベレスト 3D』『ハードラッシュ』のバルタザール・コルマウクルで、脚本も手掛けています。

作品の紹介・あらすじ

解説
それはありふれた殺人事件だと思われていた…。被害者の部屋に残された1枚の写真から明らかになる衝撃の真実とは! ?

一見ありふれた老人の殺害事件。しかし被害者の部屋に残された1枚の写真から、事件は意外な方向に進展していく…。
付近で起こったレイプ事件の聞き込み捜査の中、事件に関連すると考えられた30年前に死んだ少女の死体を掘り起し検死したところ、死体には脳がないことが判明、一体誰が何の目的で脳を取り出したのか?そしてその脳の行方は…。

あらすじ
この地に眠る、脳のない死体の少女。

10月のアイスランド・レイキャヴィク。北の湿地にあるアパートで老人の死体が発見された。
エーレンデュル警部が現場に向かうと、強盗の痕跡は無く、顔見知りの人物による突発的な殺人事件と見られた。
しかし現場に残された3つのメッセージを元に捜査を進める内に、次第に明らかになる老人の隠された過去。
それは、小さな町中を巻き込む一大スキャンダルと、ある一族が抱える哀しくも怖ろしい運命に辿り着くのだった…。

Amazon

感想・その他

この映画の舞台であるアイスランドってどんな国?
よく聞く国名ではありますが、恥ずかしながら「北欧の国だよね」という事しか答えられません。

調べてみると、北大西洋上に位置し、首都はレイクキャビン。北海道と四国を合わせた面積に、なんと人口は35万人!えーっと、名古屋の人口って200万人でしたよね…。無茶苦茶、人口密度が低いです。映画の中はどんよりとした鉛色の世界で、こちらまで寒々しくなってきました。

実際のところ、ローラー台(室内で自転車漕ぎ)しながらの視聴で、最初は何が何やら状態でした。登場人物も誰が誰だかで、顔と役柄がまったく頭に入って来ません。途中で投げ出すところでしたが、我慢して観ていたら、後半になりどうにかうっすらとストーリーも分かってきて面白くなってきました。

それでも、かなりの部分で腑に落ちないところもあったので、ネットでいろいろ確認しました。そして、かなり重たい内容の作品であることが、今さらながらに分かってきました。この映画は、じっくり真剣に観るべき映画だと思います。2回くらい観るのがいいかもしれません。


湿地 [DVD]

コメント