映画『カットバンク』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『カットバンク』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

監督のマット・シャクマンは、ドラマ版「FARGO/ファーゴ」の監督でもあり、映画はこれが初めての監督作品。どうりで雰囲気が「FARGO/ファーゴ」そのものです。

★★★★☆

作品概要

監督はマット・シャクマン。
脚本はロベルト・パティーノ。
製作はローラ・リスター。
出演はジョン・マルコビッチ、リアム・ヘムズワース。

2014年制作のアメリカ映画です。

主演は「インデペンデンス・デイ リサージェンス」に出演のリアム・ヘムズワースです。ジョン・マルコビッチ、ビリー・ボブ・ソーントン共演によるクライムサスペンス映画です。監督は「FARGO ファーゴ」「リベンジ」など数々のテレビドラマの演出を手がけてきたマット・シャックマンです。

作品の紹介・あらすじ

あらすじ
モンタナ州の平和な田舎町カットバンクで、郵便配達人の男性ジョージーが射殺された。現場の近くで恋人の動画を撮影していた青年ドウェインのカメラに犯行の様子が映り込むが、ジョージーの死体は郵便配達車と共にどこかへ消えてしまう。実はこの事件は、病気の父を抱えて金に困ったドウェインとジョージーが情報提供の報奨金目当てで企てた偽装殺人だった。しかし事件に異様に執着する変わり者ダービーが動き出したことから、事態は思わぬ展開を見せる。

映画.com

感想・その他

モンタナ州の田舎町、カットバンクで発生した殺人事件。偶然現場に居合わせた若いカップルが、その殺人現場をビデオを撮っていた…。そんな場面から話は始まります。

しかしこの殺人事件は、あらすじにある通り若いカップルの男・ドウェインと殺害されたはずの郵便配達人ジョージーによる偽装殺人だったのです。目的は、殺人事件の情報提供の報奨金目当でした。
計画通りであったた偽装殺人も、町の変わり者・ダービーが出現することにより、偽装が本当の殺人事件へと変貌していきます。

このダービー、偽装殺人が行われた郵便配達車の中にあった自分宛の荷物を、どうしても取り戻したいようで、ダービーは一人で事件を追っていき、事件の真相をあぶりだしてしまいます。ダービーにとっては、事件の真相なんてどうでもよく、目的の荷物のためには殺人も厭いません。そしてこの荷物、実はただのカバンなのですが、このカバンの使い方に映画の視聴者は恐怖を覚えるはずですよ。

閉塞感漂う田舎町での生活や親の介護問題で町から出たい、そんな若いカップルは念願だったこの田舎町カットバンクから、警察官の粋な計らいで最後には逃れることができます。めでたしのように思われるエンディングですが、過疎化する田舎町が抱える問題は、どこの国でも同じようです。

さて、このカットバンクという町は、モンタナ州の北部にあります。
Googleストリートビューで確認すると、ほんとにアメリカの田舎町って感じです。


カットバンク [DVD]

コメント