スポンサーリンク

デビッド・A・R・ホワイト主演、映画『キラー・ハント』の感想・あらすじなど

映画

私的評価

映画『キラー・ハント』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

「殺し屋が、殺し屋を、狩る。復讐の銃弾が乱れ飛ぶ超絶ハード・アクション!」
DVDケースの内容を見て『ジョン・ウィック』を想像して借りてしまいましたが、これがとてつもない大外れな作品でした。こんな映画をレンタルしてしまった自分が恥ずかしいくらいです。
主人公ベックマンですが、本当に有名な殺し屋だったのかと思えるくらい弱くて、動きがとても緩慢です。元殺し屋になる前の、映画冒頭の殺し屋時代の時もそうなので、呆れてしまいます。

こんな映画、観るんじゃない!

★☆☆☆☆

作品概要

監督・脚本はガブリエル・サブロフ。
製作はアンナ・ジーリンスキー。
主演はデヴィッド・A・R・ホワイト、その他出演者にウィリアム・ボールドウィン、ジェフ・フェイヒー、嶋本信明ほか。

2020年に公開されたアメリカのアクション映画です。原題は「Beckman」。

作品の紹介・あらすじ

解説
愛する者を奪われ、復讐の鬼と化した、凄腕の元殺し屋ベックマン 4人の悪党の、息の根を止めるため、地獄の底まで追いつめる 殺し屋vs殺し屋、プロvsプロ、壮絶なバトルが幕を開ける!! 復讐の銃弾が乱れ飛ぶ!!超絶ハード・アクション!!

あらすじ
ベックマンはプロの殺し屋。だが血塗られた裏社会に嫌気がさし、足を洗って教会で神に仕える身になっていた。ある時、カルト教団から逃げて来たタビサという少女を助けたベックマンは、彼女を養女として愛するようになる。だが、突然現れたカルト教団の教祖リースたち4人の殺し屋の手で、タビサは拉致され、殺されてしまう。怒りに燃えるベックマンは復讐を決意し、4人の殺し屋の行方を追う。リースはベックマンの首に懸賞金を賭け、彼を始末しようとするが……。

dTV

感想・その他

この映画には、なぞのアジア人殺し屋が出てきますが、この映画の中では唯一光る存在感がありました。調べてみると、嶋本信明さんという日本人でした。彼は1972年12月生まれの49歳(2022年6月現在)で、主にアメリカで俳優活動をしているようです。現在、Amazonのプライムビデオでは嶋本さんが主演している『ドレスを着た悪魔』という映画が、有料ではありますが観られます。

メジャーな出演作では映画『ハクソー・リッジ』があり、まだ未公開(2022年6月現在)ですが、ブラッド・ピット主演の映画『ブレット・トレイン』にも出演されるようです。因みに、この映画には真田広之さんも出演されています。舞台が日本の新幹線の中という映画のようで、予告を見る限り面白そうです。嶋本さんが、どんな役柄で出演されるのか楽しみです。

嶋本さんの経歴がかなりユニークです。

15歳の時に自分の力で生きて行くと決心して家を飛び出しまして、予め見つけておいた廃屋に数カ月間住み着き、自動販売機の下からコインを集めながら生活。
友人の家族が経営していた中華料理屋さんに拾っていただき、住み込みで働き始めました。3年間の修業の後、総合解体業の会社で働き始めました。
解体屋さんで働くようになって10年が経った頃、私の事をとても可愛がってくれていた社長が、交通事故で他界してしまい、その会社は閉業することになってしまいました。 
そして、その当時から一番お世話になっていた職長さんと二人で総合解体業の会社を興しました。会社も順調に業績を伸ばしていきました。
そして会社設立当初から決めていた、3年で会社が軌道に乗ったら、全く新しいことに挑戦するという事を決行することにしました。
どういった挑戦にするかと悩んでいた所、当時仲の良かったオーストラリア人の友人たちに、お前みたいな大酒飲みはオーストラリアが合ってるから、オーストラリアへ移住すればいいというアイデアを頂きまして、30歳の時にいわゆるギリホリで渡豪しました。
そして、シドニーで出会った映画俳優への道…。

嶋本信明オフィシャルブログ「人生いろいろ」

コメント