スポンサーリンク

ボブ・オデンカーク主演、映画『Mr.ノーバディ』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『Mr.ノーバディ』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

映画冒頭のふてぶてしさから、主人公の「ただ者ではない」感がひしひしと伝わってはきましたが、想像以上の危ない男でした。とは言え、狂気的な「危なさ」ではなく、節度ある「危なさ」で、我々視聴者には納得の「危なさ」だと思います。
脚本のデレク・コルスタッドは映画『ジョン・ウィック』シリーズを手掛けており、なるほど同じだなと思わせる単純明快なストーリーですが、こちらの危ない男はとにかく泥臭くて、逆に共感できる主人公となっています。

とにかく楽しめました。とくにバスの中での格闘シーンは何回も観直してしまいました。

★★★★☆

作品概要

監督はイリヤ・ナイシュラー。
脚本はデレク・コルスタッド。
製作はケリー・マコーミック、デヴィッド・リーチほか。
主演はボブ・オデンカーク、その他出演者にアレクセイ・セレブリャコフ、クリストファー・ロイドほか。

2021年のアメリカのアクション・スリラー映画です。主演のオデンカークはプロデューサーも務めており、脚本のデレク・コルスタッドは映画『ジョン・ウィック』シリーズを手掛けています。

作品の紹介・あらすじ

解説
家庭にも職場にも居場所のない平凡な中年男の覚醒を描いたアクション。ある出来事をきっかけにロシアンマフィアとの激闘に巻き込まれていく主人公を、ドラマシリーズ「ベター・コール・ソウル」などのボブ・オデンカークが演じる。共演には『ある愛の風景』などのコニー・ニールセン、『アイアン・フィスト』シリーズなどのRZAのほか、マイケル・アイアンサイド、クリストファー・ロイドらが集結。『ハードコア』などのイリヤ・ナイシュラーが監督、『ジョン・ウィック』シリーズなどのデレク・コルスタッドが脚本を務めた。

あらすじ
さえない中年男のハッチ・マンセル(ボブ・オデンカーク)は、職場では実力が評価されず、家族からも頼りない父親として扱われていた。ある夜、自宅に強盗が押し入るも暴力を恐れた彼は反撃できず、家族に失望され、同じ職場の義弟にもばかにされる。鬱憤(うっぷん)を溜め込んだハッチは、路線バスで出くわした不良たちの挑発にキレて連中をたたきのめす。この事件をきっかけに、彼は謎の武装集団やロシアンマフィアから命を狙われてしまう。

シネマトゥデイ

感想・その他

主人公であるハッチ・マンセルの父親役はクリストファー・ロイド。この方と言えば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズで、”ドク”ことブラウン博士を演じたあの人です。息子のハッチに負けず劣らずの危ない男を演じていて、笑いを誘います。御年83歳(2022年現在)で、最初にブラウン博士を演じ頃は46歳。因みに認知機能を失い始めた私の母親と同い年で、月日の経過を感じさせる容姿となりましたが、こうして現役で頑張っている姿に感銘させられます。

主演のボブ・オデンカークは59歳(2022年現在)、ほぼ同い年でした。自分の今現在の体の状態から考えれば、これだけのアクションをこなしているのに驚きました。しかし、映画のDVDの中に入っていたメイキングなどの特典映像を観て、自分自身に少しだけホッとしました。なぜなら実際の動きと映像としてみる動きの違いに、愕然としたからです。見せる角度によってこんなにも違うものなのか、また、実際のアクションの動きが映画と違いゆったりしているのが分かりました。編集で早く動いているようにしているのでしょう。また彼は、映画の中では「ヅラ」を被っていますね。それでもあれだけのアクショーンは素直にすごいと思いました。

コメント