スポンサーリンク

マッツ・ミケルセン主演、映画『残された者 -北の極地-』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『残された者 -北の極地-』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

良い映画だとは思います。しかし、映画前半での主人公オボァガード(マッツ・ミケルセン)が繰り返すサバイバルのためのルーティンの場面が退屈でした。ただ、救助に来て負傷してしまった女性を助けるために行動に移ってからは見応えがありました。
この映画では、どうして主人公が北極圏に取り残されたのかを説明していません。分かるのは乗っていた飛行機が墜落して一人だけ助かったということ。このような、あってもなくてもいい説明の場面を省いた無駄のないところは、好感が持てました。
ほぼセリフのない映画で、寒い部屋で観るのがおすすめです。

★★★☆☆

作品概要

監督はジョー・ペナ。
脚本はジョー・ペナ、ライアン・モリソン。
製作はクリストファー・ルモール、ティム・ザジャロフ、ノア・C・ホイスナー。
出演はマッツ・ミケルセン、マリア・テルマ・サルマドッティほか。

2018年のアイスランドのサバイバル映画です。日本では2019年11月公開。出演者が5人だけという映画で、ほとんどがマッツ・ミケルセンの演技だけの映画でした。

作品の紹介・あらすじ

解説
『偽りなき者』やドラマシリーズ「ハンニバル」などのマッツ・ミケルセンが主演を務めたサバイバル。事故で極寒の地に取り残された男が生き延びようとする姿を描く。説明的な表現を排し、マッツ演じる主人公が迎える危機的状況をリアルに表現。ブラジル出身のジョー・ペナ監督が初めて長編のメガホンを取り、「ハンニバル」などのマーサ・デ・ラウレンティスが製作総指揮として参加している。

あらすじ
飛行機事故で北極地帯に不時着したパイロットのオボァガード(マッツ・ミケルセン)は、壊れた飛行機をシェルター代わりにし、白銀の荒野を歩き、魚を釣り、救難信号を出しながら救助を待っていた。しかし、救助に来たヘリコプターも強風のため墜落し、女性パイロットが大けがをする。瀕死の彼女を救うため、オボァガードは自力で窮地を脱しようとする

シネマトゥデイ

感想・その他

主演のマッツ・ミケルセンは、デンマークのコペンハーゲン出身の俳優で、「北欧の至宝」の異名を持っているそうです。私と同世代(1つ年下)の1965年生まれです。「うーん、そうなんだ」と言う感じです。どんな感じかというと「オレっていったい…」という自己嫌悪的な感じでしょうか…。

しかし、マッツ・ミケルセンの作品は、映画もテレビドラマも一つも観ていない私でした。ドラマ『ハンニバル』も観ていませんが、レクター役はこの俳優さんです。予告かなにかで見たレクター役のマッツ・ミケルセンと、この映画で髭ボーボーのマッツ・ミケルセンではまったく別人ですね。

ところでこの映画の主人公からは、実際に浮浪者臭が臭ってきそうで、そんなところがとてもリアルでした。

コメント