スポンサーリンク

リーアム・ニーソン主演、映画『ファイナル・プラン』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ファイナル・プラン』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

原題は”Honest Thief” で、訳すると「正直な泥棒」。実際、日本語にすると間抜けな題名となりますが、「ファイナル・プラン」というカタカナにするんなら「ホネスト・シーフ」でもいいような気がします。
安定のリーアム・ニーソン映画と言え、安心して観ていられました。前回記事にした『ラン・オールナイト』同様に、反撃に出てからのリーアム・ニーソンは無敵です。しかし、この映画のアイキャッチ画像から想像するような激しいアクションは少なめです。

★★★☆☆

作品概要

監督・脚本はマーク・ウィリアムズ。
製作はマーク・ウィリアムズ、マイルズ・ネステルほか。
主演はリーアム・ニーソン、その他出演者にケイト・ウォルシュ、ジェフリー・ドノヴァン、ジェイ・コートニーほか。

2020年にアメリカで製作されたアクション映画です。全米各地の銀行を破ってきた伝説の爆破強盗のトム・カーターが、愛のため過去を捨て、新たな人生を踏み出すためファイナル・プランで悪に挑む。

作品の紹介・あらすじ

解説
『96時間』シリーズなどのリーアム・ニーソンが主演を務めたクライムアクション。恋を機に過去の清算を決意した銀行強盗が、自分をわなにはめ、愛する女性を傷つけたFBI捜査官への復讐(ふくしゅう)に立ち上がる。監督は『ファミリー・マン ある父の決断』などのマーク・ウィリアムズ。共演はドラマシリーズ「プライベート・プラクティス」などのケイト・ウォルシュ、ドラマシリーズ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」などのジェフリー・ドノヴァンのほか、ジェイ・コートニー、アンソニー・ラモスらがそろう。

あらすじ
アメリカ各地の金庫を爆破してきた銀行強盗カーター(リーアム・ニーソン)は、偶然出会った女性アニー(ケイト・ウォルシュ)と恋に落ちたことで、過去を償い人生をやり直すことを決意する。しかしFBIに自首した彼を取り調べた二人の捜査官は彼の強奪金を横領しようとたくらみ、アニーにまで危害が及ぶ。怒りに燃えるカーターは、爆破という自らの流儀で決着をつけるべく反撃を開始する。

シネマトゥデイ

感想・その他

パッピーエンドでスカッと悪者退治の映画ですが、心を入れ替える主人公トム(リーアム・ニーソン)は最後まで人を殺しませんが、なんだかスッキリしなかったのも確かです。それはラモン・ホール捜査官(アンソニー・ラモス演)やサム・ベイカー捜査官(ロバート・パトリック演)が、トムの行動のため死んでしまっているかです。一番悪いのはジョン・ニベンス捜査官(ジェイ・コートニー演)で間違いないのは分かっています。しかし、ホール捜査官に関してはしぶしぶ悪事に手を染めますが、途中で心を入れ替えるのです。そしてトムに加担したため、殺されることになってしまうのです。なんだか自分(トム)だけ一件落着でよいのか?、と思わずにはいられませんでした。

連続ドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』に主演していたジェフリー・ドノヴァンが出演しています。私の記事の中では『ボーダーライン』や『ブラッド・スローン』、最近では『キャッシュトラック』にも出演していましたが、どれも眼鏡などを掛けていたり太っていたりしてドノヴァンだと分かりませんでした。しかし、この映画ではドノヴァンだとすぐに分かるドノヴァンでした。

コメント