ジェイソン・ステイサム主演、映画『キャッシュトラック』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『キャッシュトラック』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

ジェイソン・ステイサムのアクションだけでなく、サスペンス的要素が盛り込まれた映画で、楽しく観られました。とは言え、せっかくのステイサム主演映画なのだから、ガンアクションばかりでなく、格闘アクションをもっと取り入れて欲しかったと思いました。

★★★★☆

作品概要

監督・脚本はガイ・リッチー。
原作はニコラス・ブークリーフの『ブルー・レクイエム』。
製作はアイヴァン・アトキンソン、ビル・ブロック、アンドリュー・ゴロフ。
主演はジェイソン・ステイサム、その他出演者にホルト・マッキャラニー、ジェフリー・ドノヴァン、
ジョシュ・ハートネット、アンディ・ガルシア、スコット・イーストウッドほか。

2021年にアメリカとイギリスで製作されたアクションススリラー映画です。ウニコラス・ブークリーフの『ブルー・レクイエム』が原作で、2004年には同名の映画『ブルー・レクイエム』も作られています。

作品の紹介・あらすじ

解説
『リボルバー』などのガイ・リッチー監督とジェイソン・ステイサムが再び組んだクライムアクション。フレンチノワール『ブルー・レクイエム』をベースに、現金輸送会社に雇われた新人警備員をめぐるストーリーが展開。ジェイソンのほか、『アウトポスト』などのスコット・イーストウッド、『ホワイト・スペース』などのホルト・マッキャラニー、ドラマシリーズ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」などのジェフリー・ドノヴァン、『ホワイト・ライズ』などのジョシュ・ハートネットらが共演する。

あらすじ
現金輸送専門の警備会社フォルティコ・セキュリティ社でキャッシュトラック(現金輸送車)の警備員として雇われた“H”ことパトリック・ヒル(ジェイソン・ステイサム)。彼は選び抜かれた猛者たちの中では地味な存在だったが、強盗に襲われた際に驚異的な戦闘スキルを見せる。その後再び強盗に遭遇した際には、Hの顔を見た襲撃犯たちが金も奪わずに逃げだす。同僚たちが彼の素性をいぶかしむ中、大金が集まる機会を狙った強奪計画が進んでいた。

シネマトゥデイ

感想・その他

監督のガイ・リッチーは、歌手のマドンナと結婚(2000年11月)していた相手ですが、2008年に離婚しています(その後にモデルさんと再婚)。この人の、その他の監督作品はどれも観たことがありませんが、『リボルバー』はジェイソン・ステイサムが主演なので観てみたい作品です。

新しく同僚になった“H”(ステイサム)が気に食わず何かと突っかかる警備員役は、ジョシュ・ハートネットでした。しかし、映画を観ている時はまったく気付くことはありませんでした。大好きな映画で何回も観ている『ブラックホーム・ダウン』の主演なのに…。

そして最後に登場は、一番悪いヤツを演じていたスコット・イーストウッドです。名前からも分かるように、あのクリント・イーストウッドの息子です。しかしこれまた、映画を観ている時はまったく気付きませんでした。

コメント