ジェイソン・ステイサム主演、映画『ワイルドカード』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ワイルドカード』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

これは面白い! ジェイソン・ステイタムのアクションが存分に楽しめる映画でした。ストーリー自体はどうってこない映画ですが、三回ほどあるステイタムの格闘戦は見物です。とくに映画最後の1人対6人(だったかな)の対決は何回も見てしまいました。

★★★★★

作品概要

監督はサイモン・ウェスト。
原作はウィリアム・ゴールドマンの『Heat』。
脚本はウィリアム・ゴールドマン。
製作はスティーヴ・チャスマン。
主演はジェイソン・ステイサム、その他出演者にマイケル・アンガラノ、マイロ・ヴィンティミリア、ドミニク・ガルシア=ロリド、スタンリー・トゥッチほか。

2015年にアメリカで製作されたクライムスリラー映画です。ウィリアム・ゴールドマンの小説『Heat』の映画化で、1986年にアメリカで製作された映画『ビッグ・ヒート』のリメイク映画です。アクション監督を務めたのは映画『トランスポーター』などのコリー・ユンです。

作品の紹介・あらすじ

解説
『トランスポーター』シリーズなどで人気のジェイソン・ステイサム主演のクライムアクション。『明日に向って撃て!』『大統領の陰謀』で2度のアカデミー賞を受賞した脚本家ウィリアム・ゴールドマンが自身の原作の脚本を手掛け、元軍人のすご腕用心棒とラスベガスを牛耳るマフィアとの死闘を描く。監督は、『メカニック』『エクスペンダブルズ2』でジェイソンとタッグを組んだサイモン・ウェスト、アクション監督を『レッドクリフ』シリーズなどのコリー・ユンが務める。

あらすじ
以前は優秀な兵士で、現在はラスベガスの裏社会で用心棒をしているニック(ジェイソン・ステイサム)。ある日、誰かにひどい暴行を受け重傷を負った元恋人から犯人捜しと復讐(ふくしゅう)を依頼される。瞬く間にそれを成し遂げたニックだが、犯人の背後には権力を駆使しラスベガスを支配する凶悪マフィアが控えていて……。

シネマトゥデイ

感想・その他

ニック(ジェイソン・ステイサム)に復讐を頼んだ女友達を、ドミニク・ガルシア=ロリドという女優さんが演じています。「ガルシア」と付いているのでピンと来た人もいるかも知れませんが、あのアンディ・ガルシアの娘さんだそうです。年齢は38歳なので、私は奥さんの間違いかと思いました。アンディも1956年生まれの65歳なので、27歳の時の子供ということで、なんら問題はありませんでした。

ニックと親しい間柄のカジノの支配人(?)役は、スタンリー・トゥッチが演じています。スタンリー・トゥッチと言っても私は分からなかったのですが、この方はドラマ『ER緊急救命室』でモレッティと言う名の医者を数話に渡って演じていました。好きで何回も『ER緊急救命室』は観ているので、モレッティと言えばあの禿げ頭を思い出します。しかし、この映画ではスタンリー・トゥッチに毛があるんです。通りで「モレッティの人だ」と気付かなかった訳です。

コメント