スポンサーリンク

リーアム・ニーソン主演、映画『ラン・オールナイト』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『ラン・オールナイト』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

とても分かりやすいストーリーで、ボーと観ていても楽しめる映画です。ヨレヨレだったジミー(リーアム・ニーソン)が元ボスのところへ討ち入る場面は、クリント・イーストウッドの映画『許されざる者』を彷彿とさせてくれます。

★★★★☆

作品概要

監督はジャウム・コレット=セラ。
脚本はブラッド・イングルスビー。
製作はロイ・リー、ブルックリン・ウィーヴァーほか。
主演はリーアム・ニーソン、その他出演者にジョエル・キナマン、コモン、エド・ハリス、ブルース・マッギルほか。

2015年にアメリカで製作されたアクションスリラー映画です。リーアム・ニーソンとジャウム・コレット=セラ監督の組み合わせは、この映画で三作目となります。

作品の紹介・あらすじ

解説
『アンノウン』『フライト・ゲーム』のジャウマ・コレット=セラ監督とリーアム・ニーソンが3度目のタッグを組んだアクション。息子の命を守るため親友でもあるマフィアのボスの息子を殺害してしまったことから、復讐(ふくしゅう)に燃えるボスに命を狙われる殺し屋の逃走劇を描く。組織のボスに名優エド・ハリスがふんするほか、主人公を30年以上も追う刑事を『フルメタル・ジャケット』などのヴィンセント・ドノフリオ、主人公の息子を『ロボコップ』などのジョエル・キナマンが演じる。

あらすじ
ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。ところが相手がマフィアのボスで親友ショーン(エド・ハリス)の息子だったため、復讐(ふくしゅう)に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。ジミー父子は、組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが……。

シネマトゥデイ

感想・その他

親友でもあり手下でもあったビリーに息子を殺されたマフィアのボスを演じたのが、エド・ハリスです。私の中でエド・ハリスと言えば、映画『レニングラード』でのドイツの狙撃兵役がすぐに思い浮かびます。しかし調べてみると、エド・ハリスで観ている映画は『アポロ13』以外ほとんどないことが判明しました。ドラマでは『ウエストワールド』シーズン1の半分ほどでしょうか。それなのに名前まで私が知っているのが不思議で仕方ありません。

マフィアのボス(エド・ハリス)の腹心の部下を演じるのがブルース・マッギル。この方はドラマ『リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線』でコーサック刑事役に出演していますが、最近たまたまこのドラマをシーズン1から7まで観ていたのでビックリしました。また、映画『クリフハンガー』,『パーフェクト・ワールド』や『戦火の勇気』など、結構有名な映画にもちょくちょく出演されていました。

この映画のエド・ハリス率いるマフィアの部下たちは、どいつもこいつも役立たずで、一人の老いぼれ元殺し屋にやられっ放しです。もちろんブルース・マッギルもその内の一人で、役立たずの一員でした。

コメント