ジェラルド・バトラー主演、映画『グリーンランド -地球最後の2日間-』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『グリーンランド -地球最後の2日間-』を観ました。
レンタルDVDでの鑑賞です。

これといった面白さも、目新しさも、斬新さもなく、今までにあったような終末パニック映画でした。でも、パニック映画と言うよりは、どちらかと言うと差別とか嫉妬、生への追求といった人間ドラマとしての要素が大きい映画でした。しかし、なんだかんだ言っても、この手の隕石落下系のパニック映画は好きなんです。

★★★☆☆

作品概要

監督はリック・ローマン・ウォー。
脚本はクリス・スパーリング。
製作はジェラルド・バトラー、ベイジル・イヴァニクほか。
主演はジェラルド・バトラー、その他出演者にモリーナ・バッカリン、スコット・グレンほか。

2020年のアメリカ合衆国のパニック映画です。監督は映画『ブラッド・スローン』リック・ローマン・ウォー。突如現れた彗星による世界崩壊までの二日間を、ある家族の目線で描いたパニック映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
巨大いん石衝突による人類滅亡の危機に見舞われた世界を描くディザスタームービー。終末へのタイムリミットが迫り混乱が広がっていく中、生き残る方法を模索する一家を映し出す。主人公を『ジオストーム』などのジェラルド・バトラー、彼の妻をドラマシリーズ「HOMELAND」などのモリーナ・バッカリンが演じるほか、ロジャー・デイル・フロイド、スコット・グレンらが共演。『エンド・オブ・ステイツ』に続きジェラルドと組んだリック・ローマン・ウォーがメガホンを取った。

あらすじ
突然出現したすい星の破片がいん石となって地球に衝突し、さらに地球を壊滅させるほどの巨大いん石が48時間以内に衝突することが判明する。世界崩壊の危機が迫り政府に選ばれた人々の避難が始まり、建築技師のジョン・ギャリティ(ジェラルド・バトラー)は妻子と共に空港に駆けつけるが、息子(ロジャー・デイル・フロイド)の持病により輸送機への搭乗を拒まれてしまう。パニックに陥った人々が暴徒と化す中、生き延びるすべを探す一家は、極限状況であらわになる人間の闇に直面する。

シネマトゥデイ

感想・その他

・どうしてグリーンランドだったのか。アメリカ国内にもシェルターなんかあるでしょうに。
・選抜者でなくても、自力でグリーンランドに来た人達はシェルターに入れちゃうんだ。
・カナダから飛行機を飛ばしていた人達って、慈善事業者なんだろうか。
・地球最後の日まであと二日と言われているのに、人って略奪行為なんかするのかな。
・正当防衛とは言え人を殺してしまているのに、最後のあの晴れ晴れとした顔は…。
・映画で国民を選別するアメリカは、実際も選別しそう。

選抜者でなかった自分だったらどうなのか。ジタバタせずに自宅に引きこもっているんだろうなと思います。シェルターで生き残ったとしても、隕石衝突後に起きるであろう様々な困難を思うと、いっその事死んでしまった方が良いのでは考えてしまいます。この映画の続編が作られるようで、シェルターを出た後のことが描かれるそうです。どんな困難が待ち受けているのか。それを観て、やはり死んだ方が良かった…、そう思えるかもしれません。

コメント