映画『グランド・マスター』のあらすじ・感想など

映画

私的評価

映画『グランド・マスター』を観ました。
Amazonプライムビデオでの鑑賞です。

下に書いてあるシネマトゥデイのあらすじのような内容ではまったくないので、注意が必要です。この映画はカンフーアクションの要素もある伝記映画となります。私はいつ始まるのかワクワクしながら観ていましたが、ついに「後継者の座を奪い合うすさまじい戦いの火ぶた」はありませんでした。強いて言えば馬三(マックス・チャン)と宮若梅(チャン・ツィイー)の駅のホームでの対決でしょうか。最後まで主人公であるはずの葉問(トニー・レオン)のすさまじい戦いは見られませんでした。

★★☆☆☆

作品概要

監督はウォン・カーウァイ。
脚本はヅォウ・ジンジー、シュー・ハオフォンほか。
製作はウォン・カーウァイ、ジャッキー・パン・イーワン。
主演はトニー・レオン、その他出演者にチャン・ツィイー、チャン・チェン、マックス・チャンほか。

2013年の中国香港映画す。詠春拳の達人として知られる武術家の葉問を描いた伝記・アクション映画です。

作品の紹介・あらすじ

解説
『ブエノスアイレス』『マイ・ブルーベリー・ナイツ』などの鬼才ウォン・カーウァイが、おそよ6年ぶりの監督作として放つ美しくも切ないアクション・ドラマ。中国拳法の中でも有名な詠春拳の達人にして、ブルース・リーの師匠としても知られる実在の武術家イップ・マンが織り成す激闘の数々を活写する。イップ・マンにふんする『レッドクリフ』シリーズのトニー・レオンを筆頭に、チャン・ツィイー、チェン・チェンといった中国圏の実力派スターが結集。ウォン・カーウァイ監督ならではの映像美がさく裂する格闘描写にも目を見張る。

あらすじ
20世紀初めの中国。北の八掛拳の宗師・宝森は、流派統一を任せられる継承者として、弟子の馬三と南の詠春拳の宗師・葉問(トニー・レオン)のどちらから選ぼうとする。六十四手の達人にしての宝森の娘でもある宮若梅(チャン・ツィイー)も候補者として手を挙げる中、馬三が宝森の命を奪うという謀反を企てる。それを機に、宝森の敵(かたき)を討つ復讐(ふくしゅう)と後継者の座を奪い合うすさまじい戦いの火ぶたが切って落とされる。

シネマトゥデイ

感想・その他

この映画はイップ・マンの話というよりは、宮若梅(チャン・ツィイー)が主人公のようなストーリーです。そしてよく分からないのが、一線天(カミソリ)という人物です(八極拳の劉雲樵がモデルではないか思われます)。映画の中では交戦的で八極拳派をまとめ上げた人物として描かれており、最後にイップ・マンと闘うんだなと勝手に思っていました。しかし、その闘いは行われることなくエンドロールが始まりました。この人物、なんのために出てきたんでしょうか…。

日中戦争から1950年くらいの中国(香港)の武術家たちの物語を描いているこの映画。しかし、いきなりこの映画を観ても、イップ・マンがどんな人物なのかを理解できないと思います。まずはじめに、ドニー・イェンの『イップ・マン』シリーズを観るのがよいでしょう。

4年間の武術家からの指導を受けたというチャン・ツィイーのアクションシーンですが、ほとんどがスローモーションでごまかされており残念でした。

コメント